岐阜の合同ハウストーナメント「DREAM 8」に参加してきました!(2013年11月14日) | ダーツショップ Dx3

ダーツショップ Dx3

Blogブログ

2021/08/11 15:02

先週の日曜日に岐阜県のクラブハイクロスで行われた「DREAM 8」に参加してきました。
今回で開催が8回目になる岐阜地区では古くから続けているハウストーナメント。今回の参加は100名程という事で朝10時よりダーツ愛好者の方が集まってダーツを楽しみました。

__ 1 __ 2 

クラス分けされたダブルス戦とTOP選手によるシングルスが行われ、レベルに応じて参加することができDx3からも6名の方が参加しました。

開会式では打ち合わせなくゲームオンを指名され驚きましたが、みなさんが盛り上がってくれたのでホッとしました。

参加した感想なのですが、昔から続けてきている大会というだけあり、年代も幅広く参加していたのがとても印象的でした。数年前と比べ、ダーツを取り巻く環境も大きく変動してきている中、地域で一体となってお店同士の交流やダーツ熱の温度を維持し、上げていく素晴らしい大会だと思いました。

ダーツ熱を維持していくことは単一のお店や個の力では難しいと思います。大会を開くというのはとても労力もいるし参加する方がいないともちろん成り立ちません。
町内のどこにでもにある公園も必要とされなければなくなっていくもんです。
大会は当たり前のように開かれているもんではないんです。参加する方がいるから開かれるし、参加してもらえるような企画をお店の方々は考えるもんだと思います。

大好きなダーツが下火になると寂しいと思いませんか。日本全国の各地域でお客さんとお店同士が一体となってダーツを盛り上げていくスタンスが取れるとダーツはますます盛り上がっていくのではないですかね。
昔から創造・維持してきたバーのダーツスタイルの良いものに加え、新たな漫喫で投げている方達もが手軽に楽しめる新しいものを考えて行かなくてはいけないのだろうと思います。

ダーツがもっとメジャーな競技になるといいなぁと常日頃思います。

企画・運営されたハイクロスさん、BUCK DROPさんを始め、大会関係者の方々お疲れ様でした。

 

余談ですが、GM(グランドマスター)というハイクラスのレベルを指す単語が今はあまり聞きなれない中、”グラマス”とみなさんが言っているのが僕的には懐かしかったです。

こういった単語も最近ダーツを始めた人は知らないんだろうな。笑

************************************************************************
この記事は旧Dx3ブログへ投稿した内容を転載しています。
************************************************************************