ダーツ講座を通して。

著者:u-sk

ダーツ講座を通して。

先日3/5(火)に2018年度最後の「福祉の村 友愛の家 ダーツ講座」を行いました。

いつも通りストレッチをして
ダーツを上手く投げるヒント等の話をして、
それをもとに少し練習。
その後チームに分かれてゲームをします。
途中休憩時間を入れても、休まず練習している方が多いです!

皆さん楽しんで受講していただけたと思います。
毎回欠席される方もほとんどいなく、毎回楽しい雰囲気でやらせていただきました。

2016年に先方からお話を頂き、年末に1回お試しダーツ講座を、その後2017年度・2018年度と月1回の定期講座を開催させていただきました。

来年度もまた講座を開催させて頂く予定になっています。
来年度が始まるまでにあまり時間はありませんが、4月からもっと楽しんでもらえるように考え・準備していきます!

講座に開催させていただいている中で、より強く思うダーツの可能性。

誰でも楽しめる。
危険が少ない。
身体的な差がほとんど関係ない。

障がいがある方でも十分に楽しめる。

聴覚障がいの方は、ダーツ競技にほとんど影響が無い。
トーナメントに参加されている方もたくさんいます!

車椅子ダーツはある。
車椅子用にボードを低く設置して競技を行う「ホイールチェアダーツ」。健常者が車椅子で参加も出来ます!

視覚障がいの方の「ブラインドダーツ」。
まだ無いかもしれませんが他のスポーツよりもやりやすいかなと。
これも健常者が目隠しをして参加出来ますよね!

誰でも入りやすいけど、奥も深い。
こんな競技なかなか無いでしょ。

ダーツを使って色々な活動をしている人・団体が、全国には沢山いらしゃると思います。
僕らにも、やれる事はたくさんある。
もっとダーツを広げていきたい。
ダーツの可能性を信じて。