プレッシャーはリトマス試験紙

著者:staff

プレッシャーはリトマス試験紙

「正しい投げ方がわかりません」や、「ダーツってどう持つものなんですか」などの質問を特に、ダーツを初めて間もない方や、初めてダーツを購入する方から聞かれます。

立ち方のバリエーションやグリップの考え方を少しお伝えしていますが、基本的には正しい投げ方の答えはないと思ってます。

そこから話の流れで細かく説明することもありますが、「正解はあるが、正解は一つでない。」というのが一番ストレートな答えでしょう。

また、正解は人それぞれ違うというのも厄介なところですから、正解に近づいているかは、ある程度は自分自身で判別しないといけません。

そこで、フォームを作っていく際の参考になるよう、僕の一つの”理想論”を書いてみたいと思いますので読んでみてください。

プレッシャーに耐えることのできるフォームが理想

空打ちなら入るけど、ゲームになると入らない。

カウントアップなら入るが01になると入らない。

レーティングは上がってきたが、大会になると入らない。

 

なんてのは、よくありますね。

正しい投げ方かどうかの判断基準の一例を挙げるとすると、「プレッシャーがかかると崩れてしまうフォームやグリップは基本的に良くないもの」と思ってます。レベルアップにプレッシャーは避けて通れないものですし、それが本当に自分にとっての正解に近づいているかどうかは、自分にプレッシャーをかけてみないとわかりません。

対戦を長時間行って持続しないものや、大会になるとつい投げ方をかえてしまう、などはまだ体がその動きを習得していないか、正解から遠ざかっているかどちらかでしょう。

自分へのプレッシャーのかけ方はバランスが大事なんですが、普段一人で練習しているだけの人は、隣の人に対戦を挑んでみることで良いかもしれません。普段から対戦をしている人は、どんどん大会に出てみるのもいいかもしれません。

その中でも安定して崩れにくいフォームを作っていきたいものです。

 

ダーツはプレッシャーを背負って投げるもの

そう考えるようになってから、最近は「プレッシャーから逃れよう」という発想はなくなりました。

もしプレッシャーから逃れようとしている自分に気づいたときに、それを乗り越えようとすれば、それはきっとレベルアップのチャンスでしょう。実際、プレッシャーから逃れる術はありませんからね。

プレッシャーに対して恐怖心を持つのではなく、フォームチェックのリトマス試験紙として「プレッシャーを利用する」という考え方をしてみてはどうでしょう。

コメントを残す