衝撃映像?! 動画撮影のすすめ

著者:staff

衝撃映像?! 動画撮影のすすめ

普段みなさんが投げているダーツの軌道。どんなふうに見えてますでしょうか。

山なりでしょうか。それとも直線でしょうか。

自分の投げている姿を想像できますか。それはどれくらい正確でしょうか。

今回は、ある動画を紹介したいと思います。これは何年もダーツをやってる人でもあまり見たことない位置からの撮影です。といっても半分遊びで撮影した僕のダーツのスローの映像です。気楽に見てもらえれば幸いです。IMG_1524 (←クリックすると動画が再生されます)

1投目BULL

2投目右に外す

3投目…?!

 

実は、BULLの真下にカメラをセットしてました。

失投は許されない。外すとしても下は厳禁。そんなリスクを抱えながらもBULLの下にセットしたわけは、正面から自分のフォームチェックするためというのと、BULLに向かってくるダーツの映像を撮りたいという興味から。一回目の撮影でヒヤッとしたので次は慎重に。

思ったよりいけるという感じで臨んだ2回目の撮影。IMG_1525 (←クリックすると動画が再生されます)

1投目…、直撃!

まさかの1投目からでした。完全にカメラ直撃!内心、「やっちまった…。」でしたが、2投目BULL、3投目BULLと何事もなかったようにナイスカバー。

フォームチェック 

1回、2回と撮影を終えフォームチェックしてみると、上半身が思ったより正面を向いてしまっていることに気づく。左肩を少し後ろに引き、上半身をボードに対して垂直気味に近づけることで自分のイメージに近くなるので、そこを修正して投げてみようと思いました。

気を取り直して、3回目の撮影。IMG_1526 (←クリックすると動画が再生されます)

1投目BULL

2投目BULL

3投目ビビッて右にはずす。

 

始めの2本はカメラに向かって飛んでくる迫力の映像が撮れました。(かな?!)一歩間違えば僕のiphone破損というリスクは、メンタル強化の一環なのです。でもビビっちゃいました。

チェックしてみると、すこし左肩は後ろに引けて、自分のイメージに近くなった感じで投げれてます。また、映像からわかるのは、カメラから見て左に立っていること。自分では正面に立っているイメージでした。自分の中で思っている真っ直ぐとBULLから垂直に見た真っ直ぐに差がある事もわかりました。

フォームはすぐに直す必要があるか

今週末にはMJトーナメントがあります。大会前という事を考えてフォームに修正をかけるかどうかは検討しなくてはいけません。

左肩の位置は、修正後にはスイングの違和感がなくなったので修正すべき点。短期間ですが必要なのでやる。

立ち位置を真っ直ぐに直すというのは見え方が大きく変わり、修正に時間がかかりそうなので今はやりません。入れることができてるうちに形が気になるからといってむやみにフォームをいじると、下手すると大会直前に壊れてどうにもならなくなってしまうことがあります。自分の投げている動画を見て実際にやっている事のイメージを正確につかんで、それを踏まえて投げることで、今より動作に迷いがなくなります。

立ち位置は変えず、”真っ直ぐ投げてる”という思い込みを、”斜めに投げてる”と認識して投げようと思います。

動画撮影のすすめ

今では携帯やスマートフォンのカメラ機能でもそこそこまともな動画が撮れます。BULLの真下にカメラをセットするのは、わかりやすくて良いのですがあまりオススメできません。動画撮影は、普通にカメラの安全を確保した場所から撮影するのが無難です。正面だけでなく横から、上から、後ろからなど、自分の目では見えない位置からとるといいでしょう。自分のイメージとのギャップに驚くかもしれません。

是非皆さんも動画を撮って自分でチェックしてみてください。

1件のコメント

Drug Abuse Treatment Centers Near Me投稿日:1:03 am - 3月 27, 2020

Best Drug Rehabilitation http://aaa-rehab.com Drug Rehab Centers Near Me http://aaa-rehab.com Outpatient Substance Abuse Near Me
http://aaa-rehab.com

コメントを残す