ダーツの大会に参加してみよう!

著者:staff

ダーツの大会に参加してみよう!

3月20/21日に地元岡崎にてダーツの大会”フェニックス岡崎大会”が開催されました。

21日には、D×3からも2組参戦しました。今回は、私(104若丸)とタテバヤシ(たっち)のペアが、Division1にて3位入賞しました。

と、いいましても優勝ではないので、次回に向けて更なるレベルアップを図る心の内です。

大会を選べる時代

ところで、ここ数年、岡崎市でもダーツの大会は年に1~2回のペースで行われるようになり、ダーツの人気も高まってきているようですね。

現在、愛知県内では200名以上のエントリー人数で行われる大会は年に5~10回ほど開催されており、あまり大会の行われない冬場を除けば、ほぼ毎月大会が行われるようになりました。 ダーツに取り組んているみなさんが【大会に出たい!】と思った時には大体エントリーが可能という状態にあるということです。

これは数年前とは大きく違うところで、大会に出て表彰されたいという目標でダーツに取り組んている人にとってみれば、チャレンジ回数が増えてチャンスが広げられました。

また、大会の種類が多様化しており数も多いので、参加する大会をプレイヤーが選ぶ時代になっています。大会側もプレイヤーがいろいろ楽しめるよう工夫を凝らした大会運営に尽力している事でしょう。

大会に参加することをオススメするワケ

ダーツをやっているけど大会に出たことはない、という方はたくさんいると思います。

大会の存在も知らない人もたくさんいると思います。 また、大会があることは知っていても、試合はレベル分けされて組まれていることとか、ブースが出展されておりイベント要素があることとか、現状を知らないでいる人も多いのではと思います。

もちろん、大会は普段とは違ったシチュエーションですから緊張感もあるでしょう。

そのなかで、新たに自分のダーツのヒントを発見することもあるでしょう。

試合に勝ってペアや仲間との絆を深めるきっかけにもなるでしょう。

負けて自分の弱さに気づき、より強くなるチャンスを発見するでしょう。

やはり大会に出ることの一番のお勧めの理由は、

「ダーツを通じて交流を深める」という事ではないかと思います。

大会会場には、いろんなお店からエントリーした方がそのお店のシャツを着て参加してます。お店の交流やプレイヤー同志の交流も大会を通じて生まれることだと思います。

そういった交流や仲間を増やす事は、末永くダーツを続ける原動力になるはずです。

大会は”ダーツの楽しみ方のひとつ”

もちろん今は大会に出ていなくてもダーツを楽しめる、という方もいるでしょう。大会はダーツの楽しみ方のひとつであり、モチベーションアップのひとつです。

【大会に参加する】ということは はもちろん勝ち負けを争うことでもありますが、それ以外にも楽しめる要素はたくさんあるということです。

大会に参加されたことのない方が周りにいらっしゃいましたら、ぜひとも大会に参加することをお勧めしてあげて下さい。きっとダーツの新しい楽しみ方に出会えます。

まもなくエントリーが開始する近隣の大会の案内が来てますので、ご紹介です。

DMJC名古屋( 名古屋国際会議場 )
日時:5/8(日)
内容:ダブルス¥5000/シングルス¥3000
(ダブルスと両方エントリーの場合は¥1500)
4/1よりエントリー受付開始!!
締め切り:4/25(月)(人数が定員に達した時点で締め切りとなります)

4/1よりエントリーが開始されますが、D×3では本日よりエントリーの受付を開始しております。 店舗受付は、東海地区近隣のダーツマシン設置店にて可能です。エントリーを行っているかどうかについては、最寄りの店舗にお問い合わせ下さい。

コメントを残す