タグアーカイブ グルーピング

著者:staff

ラインってなに??

ダーツの説明で”ラインをイメージする”など【ライン】という言葉よく聞いた事はあると思います。
これがいまいちピンとこないというか、難しい概念なんですよね。

他のスポーツでもこの【ライン】というのが重要とされる競技やシーンがあります。

例えば、サッカーのフリーキックの際にキッカーがシュートする際にイメージするのも【ライン】です。ゴルフのパターにおいてグリーンの芝目や坂を計算してカップに球を入れるまでをイメージをするのも【ライン】です。

どちらもそのラインイメージが鮮明にないことには、力加減や向きがコントロールできないものです。

ラインイメージが難しいのは”ボードまでの距離が短いから”

ダーツにおいては、例えばBULLにダーツを刺したいとすると、【ライン】とは手からダーツが離れてからダーツがBULLに刺さるまでの軌道のことです。それを投げる前にイメージする事が大切、とよく言われます。つまり、【ライン】は別の表現で言うならば【コース】と呼ぶこともできますね。

しかし、ダーツのライン(コース)イメージを理解するのが難しい理由の一つは”ボードまでの距離が短いから”ということではないかと思うのです。

投げてから、ボードに刺さるまでの時間が短いため、意識的に飛びを見る技術が必要です。例えば、ボードを見ながら飛びを間接視する能力や、視野を確保するフォームなどの技術です。

とくにダーツを覚えたてで練習し始めの頃は投げた結果が気になるため、どうしても飛び方やライン(コース)を見る余裕がないものです。

ダーツを連続して同じところに刺そうという”結果を同じにしたい”と考えるより、ダーツを連続して同じライン(コース)で投げる”刺さるまでのプロセスを同じにしたい”と考える方が、結果的に同じ箇所に矢が刺さる(グルーピング)確率は高いはずです。

意識的にコースを狙ってみよう

投げても投げても上手くならない、という方の中には自分の【ライン】がわからないでいる方も多いのではないでしょうか。

ボーリングでピンを狙う時のように、ビリヤードで「こう行って、こう行って、こう当てる。」とイメージして手玉を突くように、ダーツも「こう飛んで、こう刺さる。」と軌道を、しっかりイメージしてそれに沿うように投げてみるようにしてみて下さい。

どう外れたか、どう入ったかが次のスローの手がかりになり、何度も何度も投げて、自分の正しいコースを体で覚えるんです。その練習によってあらかじめ予測イメージできるコースがラインなんです。

投げてから刺さるまでは、ほんのコンマ数秒です。まずはその瞬時に自分の飛びを見ることにチャレンジしてみて下さい。

【ライン】を見るには長いシャフトがオススメ

さらに、【ライン】のイメージを理解しやすくするためには、今よりシャフトを長くすることをオススメします!

今僕は、先日blogにて紹介させていただいた、Dipper Dartsから発売されてる「JPシャフト」のsize35を使用してます。これはミディアムサイズより2~3mm長いもの。「JPシャフト」長さの種類が豊富なので、少しずつ段階的に試せるのでオススメです!http://www.d-d-depo.jp/dipper/shaft_jp.html

長くすると、飛び方を見るために矢の速度を落としても割と飛距離をかせいでくれるので、【ライン】がわかりやすいんです。あと、ダーツの正しい向きがわかりやすい。

ダーツって突きつめることが多い。ホント深い競技ですよね。

著者:staff

COBRA MARK 2 2BA 発売!

DMCより新しいバレルが発売されました。

COBRA MARK 2 2BAタイプ

素材 90% TUNGSTEN
バレル単体重量 16.5g
最大径 7.5mm
全長 39.5mm

こちらは、既に発売されているCOBRA MARK 2のアキュートタイプのリメイクとなります。記憶では2BAタイプのバレルの発売はDiabro2以来の発売ではなかったでしょうか。およそ2年振りの発売です。

COBRA MARK 2の特徴はバレルの後部(シャフト側)はグリップした時にどっしりと指に乗せられるよう太く、えぐる様な独特のカットを施してあること。バレルの先端部は、中指又は薬指などの、支えの役割の指を配置する際に余計な力が働かない様にと、計算されたデザインだと考えられます。

4BAタイプバレルの先駆け

今国内で発売されているバレルの種類はチップのサイズが4BAのものと2BAのものがあります。今はDMC以外にも、MONSTERやULTIMAも4BAタイプのバレルを発売しておりますが、国内メーカーで4BAタイプのバレルの先駆けとなったのはDMCが発売した”アキュートタイプ”と言われる、4BAタイプのネジ山の掘り出し一体型タイプでした。

この製法によって、バレルのグルーピング性能を高め、よりアスリート向けのバレルデザインが可能となりました。それに伴い、チップも他のメーカーと共同開発でアキュート専用チップも作られ、今のダーツ市場に定着しました。

DMCの誇るアキュートタイプ。COBRAシリーズにもその技術を導入し、今までにないデザインのバレルが誕生しました。正直、初めて見た時はあまりの斬新なデザインに「なんだこりゃ?」という感想でした。しかし、投げてみると見た目とは違った素直なグリップ感に驚きました。

あえて4BAタイプから2BAタイプへのリメイク。その理由とは?

もちろん推測ですが、単純に考えると、”チップの利便性”です。 4BAタイプのチップは価格も高めですし、他のバレルと併用できないというデメリットがあります。当店でもバレル選びの際、2BAタイプのバレルを使用中なのだが、試し投げでせっかく出会った好感触のバレルが4BAタイプと知り、移行する際に躊躇してしまうというシーンはよく目にします。

今回の2BAタイプのCOBRA MARK 2の発売は、自信作を多くの方に使用してもらいたいという想いかもしれません。

さらに、もっと踏み込んだ”重心位置の違い”という見解をすると、2BAタイプの方が4BAタイプより重心位置は後ろになります。

COBRA MARK 2のあのどっしりとした太さとえぐる様な独特のカットの性能を最大限発揮するには、バランス的には少し後ろに重心を持って来たかったのではないでしょうか。

これは深読みしすぎですかね。メーカーの本意かどうかわかりませんのであしからず。

みなさんの選定ポイントは?

当店にはどちらの試投用バレルもご用意しております。

COBRA MARK 2の独特太さとのカットのデザイン。見た目と実際のグリップ感の心地良さのギャップを是非お試しください!

グルーピング性能・グリップ感・バランス。3つのポイントからお選び下さい。

よりタイトなグルーピングを求める方には、アキュートタイプを。より安定したバランス性能を求める方には2BAタイプ。特にこちらは初心者の方にオススメします。そして、プラスアルファで、より好みの先端部の太さとグリップ感。

皆さんならどれが一番のバレル選定ポイントですか。

 

著者:staff

DIPPER DARTSより【JPシャフト】が発売されました!

SOFTDARTS BIBLEや、NEW DARTS LIFEの雑誌などで見た方も多いかもしれませんが、

<DIPPER DARTS>から【JPシャフト(ジェーピーシャフト)】が発売されました!

BLACK

CLEAR

WHITE

国産シャフト。流線型のフォルムが空気の流れをきれいに後方に流すため空気抵抗を低減して、ふらつきを抑えます。また、グルーピング地にはこの滑らかな曲線により2投目が滑るように弾かれシャフトが折れるのを防ぎます。ねじ山は根本から先端にかけて太くなっているためバレルにねじ込むと強力にロックします。サイズは3mmごとに選べるバリエーション豊かな9タイプ。

 

このシャフトの最大の特徴は見てもすぐに分かるように、サイズの豊富さ!!

バレル・フライト間を、一番短い「11㎜」から1番長い「35㎜」まで、3㎜単位で調整可能。

SHOPでもよく「インビトより長くしたいけど、ミディアムじゃ長すぎる」など、その中間を求める声なども多数聞き、その要望が形になったのがこのシャフト!

 

SHOPに並べました!!

より自分好みのセッティングが見つけられそうですね♪

 

【カラー】:BLACK・CLEAR・WHITE(全3カラー)

【サイズ】:11㎜・14㎜・17㎜・20㎜・23㎜・26㎜・29㎜・32㎜・35㎜(全9サイズ)

【定価】¥400

(※ネットのでの販売は、現在準備中です。)