8フライト発売・フライトまとめ

著者:u-sk

8フライト発売・フライトまとめ

先日、TARGETとして初の成型フライト【8(エイト)フライト】が発売されました。
知名度・人気のあるPaul Lim選手・星野光正選手・村松治樹選手・小野恵太選手と契約をし、発売前から話題にもなりました。

フライトとシャフトをネジで留めて、フライトが外れてしまうストレスを軽減。その為8フライトは専用のシャフトが必要です。
フライトはスタンダード・シェイプの2形状で、色はWHITE・BLACK・CLEARの3カラー。
シャフトはSpin(スピン)・Fixed(ロック)が選べ、長さは190mm・260mm・330mmんほ3サイズ。色はフライト同様WHITE・BLACK・CLEARの3カラー。
初回ラインナップは上記となりますが、今後シャフトもフライトもバリエーションが増えていくとの事。

今回【8フライト】が発売された事によって、店頭で説明をする事が1つ増えました。
選択肢がたくさんある事はいい事だと思います。店頭では分かりやすく説明して、商品を選択できるところまで導いてあげられるかを考えています。

店頭でよく聞かれる質問の1つとして、「フライトはどれを選べばいいか」。
長年ダーツを続けている人は、実際に色んな物を使ってみたり、周りに使っている人がいたりと選択出来る知識があると思います。
ただ始めたばかりの人からすればたくさんの商品が色んなメーカーから出ている現在、選択が容易ではありません。

そこで今回はDx3で販売をしている商品(フライト&シャフト)について、簡単にですが書いていこうと思います。

・折りたたみフライト
最初にダーツセットを買うと付いている折りたたみフライト。マイダーツを持っている人のほとんどが手にした事があると思います。
たくさんのメーカーから発売されている為、他に比べてデザインも圧倒的に多く、値段もお手頃。
シャフトも専用のフライトが必要なもの以外が使えて、選択の幅が広いです。

↓↓↓↓↓成型フライト↓↓↓↓↓

Lフライト
折りたたみフライト同様ほとんどのシャフトが使える。折りたたみフライトを折りたためなくした成型フライト。
値段は折りたたみフライトに比べて上がってしまいますが、常に十字が綺麗に開いているなどメリットも出ます。
最近は、フライトが抜けにくい+シャフトの爪が保護出来るシャンパンリングの穴が開いているのでシャンパンリングが必要です。
人気選手が多数所属し、デザインフライトも多数あります。

FITフライト
Lフライト同様の成型フライト。FITフライトは専用のシャフトが必要です。
値段はLフライトとほぼ同じです。シャフトが専用になり値段は少し高くなりますが、シャフトとフライトをキャップのように装着するので、装着が簡単でなおかつフライトが抜けにくいです。
フライト・シャフトともに、種類が豊富なのも特徴です。シャフトは〔長さ8サイズ〕×〔色11カラー〕×〔形3種〕そしてフライトが回るか回らないかが選べます。単純計算で528種!その他カーボンなど強度を上げたものなども合わせるとさらに増えます。
フライトも厚さもあり硬めのFITフライトと薄くて柔らかめのFIT AIRフライトの2種があります。そして〔形9種〕に加え、FITフライトは〔色13カラー〕・FIT AIRフライト〔色14カラー〕の展開があります。
人気選手が多数所属し、デザインフライトも多数あります。

CLICフライト
FITフライト同様に専用のシャフトが必要です。
値段は少しお手頃でシャフト・フライトともに¥500(税別)。
一度装着するとPLAY中に抜ける事が無いです。基本はフライトが回りますが、ゴムをかませる事によって回らないようにも出来ます。
ただ現在、フライトは使っている人の多い「シェイプ」の1種のみで、〔色9カラー〕と選択肢は多くありません。
シャフトも〔長さ8サイズ〕×〔色9カラー〕×〔形2種〕の展開となっています。
デザインフライトもまだありません。

コンドル
フライトシャフトが一体型になったもの。
〔形5種〕×〔長さ3サイズ〕と選択の幅は少し狭いですが、PLAY中にフライトが抜ける事も無く、素材も柔らかい為シャフトが折れる事も無いので楽ですね。値段は¥900。

みなさんはシャフト・フライトをどのように選んでいますか?
こんなざっくりした説明では分かりにくい・実物を見たい方は、是非店頭に来ていただければと思います。
今後もなるべく分かりやすく説明出来るように努めていきます。