DARTSLIVE OPEN KARIYAに参加してきました

著者:staff

DARTSLIVE OPEN KARIYAに参加してきました

佐藤です。
 
11月23日(木)に、DARTSLIVE OPEN KARIYAが刈谷市産業振興センター(あいおいホール)にて開催されました。木曜日の祝日開催という中ですが、たくさんの方にエントリーして頂き楽しい一日となりました。
 
 
今大会は、「プロの選手と接する機会を作り、もっと身近に感じてもらいたい」ということをテーマに、大会主催者だけでなくプロダーツプレイヤーの尾関恭兵選手が加わって参加者が1日通して楽しめる大会を企画していました。
 
その中でも新しい試みとして、16名の招待選手と抽選でダブルスのペアが組めるという企画。僕はその招待選手として参加させていただきました。
 
 
事前の抽選でプロとペアを組める権利に当選した方は、大会当日のオープニングで壇上にてさらに抽選をし、名前の書いてあるプロの選手とペアを組むというもの。
その結果、僕とペアを組んでいただいたのは、碧南市のCanaria DARTS&CAFEからエントリーのアカオケイスケさんで、Lv.MAXで参加しました。
 
一緒に投げたこともなく、お話しすること自体が初めてでしたが、試合の合間に色々お話ししていただいたお陰でダブルスの息も合い、苦しい試合ばかりでしたが何とか予選を2位で通過。しかし、僕の力不足で1回戦敗退という結果でした。アカオさん、すみませんでした。そして、一日ありがとうございました。
 
 
今までこういった大会は一般の参加者として参加していたのですが、今回初めて招待選手という立場で参加させていただいて、正直いつも以上にプレッシャーや不安を感じていました。
招待選手として、みなさんに大会が楽しかったと思ってもらえるように、できることをみつけて動いていたつもりですが、きっとまだまだ至らなかった点も多かったと思います。
 
でも、今大会のポスターに載せていただいたこともあり、いろんな方から声をかけていただいて繋がりができたことが嬉しかったですし、お店でお会いするお客さんに大会会場で会えていつもと違った雰囲気で話せたのが楽しかったですね。
 
 
さて、ディースリーからエントリーされた皆さんの結果です。
 
なんと、今回が初参戦!岡崎店からエントリーした、カワサトシンゴ&イノハラタカフミ ペアがLv.1にて3位入賞という結果でした。
 
 
この2人、ダーツを初めてまだ約半年ですが、練習に熱心なんです。いろんな人にダブルスを挑むなど、とにかく実践練習を重ねて臨んだ今大会。初大会ということで緊張したと思いますが、僕が見ていた試合では、2人とも本当に楽しそうに試合をしているように見えましたし、一緒に練習相手になってくれたみなさんが応援してくれていたことも、初大会で初入賞という結果に繋がった一つの要因かもしれないなと思いました。
 
 
この日、この2人の結果を受けて、「自分も頑張ろう!」と思った方もいたのではないでしょうか。
僕はこの2人から、良い刺激をもらいました。「初大会で初入賞した」という自信を持ってこれからもダーツを続けて欲しいですし、また次の大会にも挑んでほしいです。
 
そして、惜しくも予選で負けてしまったけどサイドシュートがあるというのが、今回の大会の醍醐味。
逆手ローカウントアップというゲームで、岡崎店からオオタキタクヤ選手が3位、スギモトダイキ選手が準優勝しました。
 
 
 
本当はダブルスで勝ちたかったと言う2人。普段お店でもよく一緒に投げているので、また次の機会にこのペアで参戦してみてはどうでしょうか。
 
今回のような企画盛り沢山の大会は、一日通してダーツが楽しめるのでまた参加してみたいと思う方が多いのではないかと思いました。
 
 
大会に出たことのない方は、まだたくさんいると思います。多くの方が参加する大会のほうが、より一層大会が楽しいものになると思います。「大会って楽しいから一緒に出てみよう」と誘って、もっとたくさんの人とダーツで盛り上がることができればいいなと思います。
 
参加されたみなさま、運営の方々、大変お疲れさまでした。