フェニックス土岐大会に参加してきました!

著者:staff

フェニックス土岐大会に参加してきました!

3/25の日曜日は岐阜県のセラトピア土岐で行われた、フェニックス土岐大会に参加してきました。

最近ではフェニックスの大会も増え、東海地区でも大小問わず数多く大会が開かれております。参加者も回を重ねるごとに増え、盛り上がりをみせつつあると言えると思います。今回の大会は愛知・岐阜・三重などから約850名程の参加で、ダブルスDivition1~7と、Rt上位64名によるプレミアムシングルスが行われました。

Dx3からは私、片山俊宏と佐藤創真のダブルス1組とそれぞれプレミアムシングルスエントリーしました。片山・佐藤ペアは昨年のDMJC名古屋大会以来のペアでのエントリーでしたが、Divition1でなんとか決勝まで駒を進めることができました。決勝戦は奇しくも予選で唯一負けたtuktukの甲斐・石田ペアにまたしても破れ準優勝でした。シングルスは片山はベスト16、佐藤はベスト8という結果に終わりました。

今大会の主催であるPHSダーツさんが行なう大会は過去に何度か参加させていただいておりますが、フェニックスを扱うディーラーさんということもありフェニックス設置店からの参加が多くを占めておりましたが、今回参加した店舗は、Dx3も含め他のマシン設置店からの参加も多くあったようです。

参加者の裾野を広げ、大会によってダーツの楽しさを伝えること。プレイヤーの活躍の場を提供することがディーラーの使命だと思いますが、名古屋を拠点に地元のダーツの普及に尽力されているディーラーさんとして、徐々に成果が表れているのではないかと思うのが、今回参加してみて感じた僕個人の感想です。

また、JAPAN16の三重の藤井大輔選手をはじめ、多くのプロプレイヤーから貴重なアドバイスを頂くことがでました。一般のプレイヤーが参加する大会にプロの選手がエントリーし、大会を盛り上げることは素晴らしいことだと思います。こういった個々の力でも、まだまだダーツは盛り上げることができると確信しました。今後の活動に生かしていきたいと思います。

ありがとうございました。

コメントを残す