カテゴリーアーカイブ 新商品入荷!

著者:u-sk

8フライト発売・フライトまとめ

先日、TARGETとして初の成型フライト【8(エイト)フライト】が発売されました。
知名度・人気のあるPaul Lim選手・星野光正選手・村松治樹選手・小野恵太選手と契約をし、発売前から話題にもなりました。

フライトとシャフトをネジで留めて、フライトが外れてしまうストレスを軽減。その為8フライトは専用のシャフトが必要です。
フライトはスタンダード・シェイプの2形状で、色はWHITE・BLACK・CLEARの3カラー。
シャフトはSpin(スピン)・Fixed(ロック)が選べ、長さは190mm・260mm・330mmんほ3サイズ。色はフライト同様WHITE・BLACK・CLEARの3カラー。
初回ラインナップは上記となりますが、今後シャフトもフライトもバリエーションが増えていくとの事。

今回【8フライト】が発売された事によって、店頭で説明をする事が1つ増えました。
選択肢がたくさんある事はいい事だと思います。店頭では分かりやすく説明して、商品を選択できるところまで導いてあげられるかを考えています。

店頭でよく聞かれる質問の1つとして、「フライトはどれを選べばいいか」。
長年ダーツを続けている人は、実際に色んな物を使ってみたり、周りに使っている人がいたりと選択出来る知識があると思います。
ただ始めたばかりの人からすればたくさんの商品が色んなメーカーから出ている現在、選択が容易ではありません。

そこで今回はDx3で販売をしている商品(フライト&シャフト)について、簡単にですが書いていこうと思います。

・折りたたみフライト
最初にダーツセットを買うと付いている折りたたみフライト。マイダーツを持っている人のほとんどが手にした事があると思います。
たくさんのメーカーから発売されている為、他に比べてデザインも圧倒的に多く、値段もお手頃。
シャフトも専用のフライトが必要なもの以外が使えて、選択の幅が広いです。

↓↓↓↓↓成型フライト↓↓↓↓↓

Lフライト
折りたたみフライト同様ほとんどのシャフトが使える。折りたたみフライトを折りたためなくした成型フライト。
値段は折りたたみフライトに比べて上がってしまいますが、常に十字が綺麗に開いているなどメリットも出ます。
最近は、フライトが抜けにくい+シャフトの爪が保護出来るシャンパンリングの穴が開いているのでシャンパンリングが必要です。
人気選手が多数所属し、デザインフライトも多数あります。

FITフライト
Lフライト同様の成型フライト。FITフライトは専用のシャフトが必要です。
値段はLフライトとほぼ同じです。シャフトが専用になり値段は少し高くなりますが、シャフトとフライトをキャップのように装着するので、装着が簡単でなおかつフライトが抜けにくいです。
フライト・シャフトともに、種類が豊富なのも特徴です。シャフトは〔長さ8サイズ〕×〔色11カラー〕×〔形3種〕そしてフライトが回るか回らないかが選べます。単純計算で528種!その他カーボンなど強度を上げたものなども合わせるとさらに増えます。
フライトも厚さもあり硬めのFITフライトと薄くて柔らかめのFIT AIRフライトの2種があります。そして〔形9種〕に加え、FITフライトは〔色13カラー〕・FIT AIRフライト〔色14カラー〕の展開があります。
人気選手が多数所属し、デザインフライトも多数あります。

CLICフライト
FITフライト同様に専用のシャフトが必要です。
値段は少しお手頃でシャフト・フライトともに¥500(税別)。
一度装着するとPLAY中に抜ける事が無いです。基本はフライトが回りますが、ゴムをかませる事によって回らないようにも出来ます。
ただ現在、フライトは使っている人の多い「シェイプ」の1種のみで、〔色9カラー〕と選択肢は多くありません。
シャフトも〔長さ8サイズ〕×〔色9カラー〕×〔形2種〕の展開となっています。
デザインフライトもまだありません。

コンドル
フライトシャフトが一体型になったもの。
〔形5種〕×〔長さ3サイズ〕と選択の幅は少し狭いですが、PLAY中にフライトが抜ける事も無く、素材も柔らかい為シャフトが折れる事も無いので楽ですね。値段は¥900。

みなさんはシャフト・フライトをどのように選んでいますか?
こんなざっくりした説明では分かりにくい・実物を見たい方は、是非店頭に来ていただければと思います。
今後もなるべく分かりやすく説明出来るように努めていきます。

著者:u-sk

pd9【GRIP専用滑り止め】の取り扱い始めました!

ダーツをする際に、バレルが滑ってしまう不安はつきものです。
安心感を与えるために開発されたpd9【GRIP専用滑り止め】の取り扱いを先月より始めました!

店舗でよく聞く手汗問題!!バレルを選ぶ際にも手汗を考慮して選ぶ方も多いです。
試合など緊張する場面で「手汗のせいで……」なんて声もよく聞きます。
そんな人に是非一度試して欲しい商品です。


《価格》980円 《内容量》60ml 《生産国》日本

————————————————————————————————-
pd9【GRIP専用滑り止め】は一般の液体チョークと成分が違います。

主成分はエタノール・アルミナ・クエン酸・乳液。

微細な金属粒子である主成分のアルミナ。
このアルミナが汗や水分を吸収して強いグリップ力を生み出します。
アルミナは研磨剤・医療などにも使われており、安全試験において人体への悪影響が無いことも確認されています。

さらに手肌の乾燥を防止する乳液やクエン酸も配合。やさしく指先を守りながら浸透します。

数滴を塗るだけで、しっかりと手のしわにまで馴染んで、強力なフリクションを生み出します。
————————————————————————————————-

この商品は、こびり付き(ロジン(松ヤニ))や白い粉となって汚れる原因となるマグネシウムをまったく使用していないのでバレルも汚れにくいと思います。

メーカーさんから聞いた話によると既に使っているプロ選手もいるとのこと。

実際に使用した人の反応はいいですね。
液体タイプなので手に馴染ませやすいです。出し過ぎに注意が必要ですが…笑
1回2~3滴の使用で、1ボトル平均200回程度の使用が目安となるそうです。

店頭・ネットSHOPにて好評発売中です。気になる方は是非てに取ってみてください!

 

 

pd9の代表【播 真二さん】ポールダンスの世界大会で何度も入賞を果たしている凄い人。
(動画を見ましたがポールダンスのイメージが変わりました。)
フィットネスクラブを経営する中で、「既存の滑り止めが効きづらい、使いづらい」というポールダンス選手たちの意見を聞き、「安心してポールを握らなければ競技に支障が出る」とpd9の開発を決意。
現在はDx3で取り扱いを始めた【GRIP専用滑り止め】の他に【ポールダンス用】・【クライミング用】・【バスケットボール用】などがあり、幅広い競技で支持されています。

著者:staff

正確なシャフト選びのために ~Harrows 「clic」のシャフトに新形状が登場!~

片山です。今回はパーツの紹介をしたいと思います。

ダーツのパーツの中でも飛び方に大きく影響するシャフトやフライト。様々な種類が国内外いろんなメーカーから発売されております。

それぞれ特徴があって選ぶ楽しさが広がっている反面、リングなど他のパーツとの組み合わせや、フライトとシャフト互換性など、どう選んでよいかわからないという方も多いのではないかと思います。

今回紹介したいのは、Harrowsより発売されている「clic」。
こちらはフライトをシャフトに差し込むタイプのもので、日本のメーカー「Fitフライト」と同じ、シャフトもフライトもお互いが専用のものを使うタイプです。

先日シャフトのタイプがスリムタイプに加えて、ノーマルタイプのものが新登場し、人気急上昇中の商品!

image image

このように、カラーバリエーションも増えましたー!

さてここから、もし使ってみようかなと思っている方へのアドバイスです。
シャフトの長さをメーカー比較する場合、「バレルの端〜フライトまでの距離」で統一したほうが、より正確に比較できます。

clicの場合、フライトの形状が写真ような形となっていて、根元に若干の長さがある分、シャフトの長さを考える時にこの分を加味してあげた方が正確な長さ比較ができます。

image

現在発売されているclicの長さは、

Short ①23.0mm、Midi②30.0mm、Medium ③37.0mmと表記されています。
しかし、実際は+3.0mmを加味してあげると、

①26.0mm、②33.0mm、③40.0mm

となります。

ちなみに、clicを他のメーカーのシャフトの長さで比較をすると、


Fit  3番  
Lシャフト 260   
コンドル M


Fit  5番  
Lシャフト 330   
コンドル  L


Fit  7番  
Lシャフト 440と370の中間   
コンドル  該当なし

となります。試しにclicを使ってみたいと思う方は、ぜひ参考にしてみてください!