カテゴリーアーカイブ 告知

著者:staff

JAPAN最終戦は年間3位争いに注目だ!

片山です。

JAPAN 2017もいよいよ今週末で最終戦をむかえます。

今年は2シーズン制で行われ、第1〜9戦をBLUEシーズン、第10〜18戦がREDシーズンとなりそれぞれのチャンピオンとさらに年間ポイントランキングも集計されております。

ご存知の方も多いかと思いますが、3月に行われるsuper darts 2018への出場がJAPANから3名選出されます。

そのうち各シーズンチャンピオン2名は村松治樹選手、荏隈秀一選手に確定しております。

 

 

 

 

残るひと枠がダーツライブからは年間ポイントランキング1位の選手とありましたが、上位を先述した2名が獲得しているため3位の争いがsuper dartsへの出場権をかけた戦いになっているということなんですね。

すでにREDシーズンチャンピオンと年間チャンピオンも確定している中、僕の最終戦の見所はここの争いになってくるかと思います。

ステージ17終了時点での年間ポイントランキングはこのようになっております。

獲得可能なポイントで、計算上3位圏内にいるのは8位まで。

6〜8位の広瀬 貴久選手、安食 賢一選手、野毛 駿平選手は、[上位陣が早期敗退かつ優勝]が条件。

  

 

 

 

5位の柴田 豊和選手は[ベスト8以上]が必須条件で他の選手の結果次第。

4位の大和久 明彦選手は現在3位の榎股 慎吾選手と7p差。

その榎股慎吾選手は64位タイ以上が必須であとは他の選手の結果次第となる。

   

 

 

 

その中でもDiv.1からの出場となるのが野毛、大和久の2選手。その他の選手は予選ラウンドロビンからの出場となる。

特に、逆転に最も近いポイント差にいる大和久選手がDiv.1からというのは10pが確定しているためアドバンテージが大きい。

もしも、入れ替え戦で「大和久 vs 榎股」の対決が成立した場合、この時は是非とも中継していただきたい。「勝った方がsuper darts出場」となれば、是非リアルタイムで観たいところです。

そして、さらに勝った方が柴田選手となんてトーナメントになっていれば、またまた「勝った方がsuper darts出場」となりますしね。

もしものもしもで考えればいろんな可能性ありますから、チャンスのある選手はがんばってほしいところです。

また、AWARDS表彰・EXTRA STAGEへの出場権争いにも注目ですね。

こちらはまだまだ多くの選手がチャンスがありそうなので、気になる方はランキングをチェックしてみてください。

JAPAN ランキングhttp://livescore.japanprodarts.jp/ranking.php

著者:staff

JAPAN兵庫大会に行ってきました!

先週の日曜日は神戸国際展示場にて開催されたJAPAN兵庫大会に参戦してきました!

image 

結果報告

ディースリーサポート選手の結果は以下の通りです。

須藤大地 予選 3-1  +5    1回戦進出

原田 剛  予選  3-1  +4   1回戦進出

片山 俊宏  予選 1-3 -2  予選敗退

松藤 一馬  予選  1-3  -3  予選敗退

百瀬 仁  予選 1-3  -4  予選敗退

神田 貴秀  予選  0-4  -6   予選敗退

以上の結果となりました。

なかなか厳しい結果が続きます。

ファットブルの練習量に対して、セパレートブルのもしくはJAPANマスターアウトの練習量はどうだったのか。個人的には省みる点が多くあったように思います。

応援ありがとうございました。

DMCクラシック

参加人数1800名を超えるビックトーナメントとなりました。

あのポールリムをはじめ、DMCプレイヤーが国内外から神戸に集結し、まさにお祭りのような大会。

image

そのDMCから、11月8日には国内プレイヤーのシグネイチャーモデルとしては初の製品となる「Maverick SHO」と「Sabre MASUMI」が発売されます。

image

新製品を見に、ブースも大変盛り上がっておりました!

image

大会は、そのモデルとなる両選手、勝見翔選手と知野真澄選手がダブルスにて優勝をするという結果。

知野真澄選手はシングルでも優勝という快挙!

発売に先駆けて、自ら華を添えるこの2人の勝負強さはなかなかできるものではないですよね。

新商品の発売が楽しみなところです。

著者:staff

スチールダーツというカテゴリーにも注目すべき時期がきてるかな

6月に横浜で行われたPDCチャレンジの影響もあるのかもしれませんが、少しずつではありますがスチールダーツをやりたいという方も増加傾向にあると言っていいと思います。

ダーツを稼業としている国内のソフトダーツのプロの選手の中には、ソフトにとどまらず将来的には海外でスチールダーツで活躍したいという目標を掲げている人も少なくありません。

本日よりマレーシアにで開催されているWDFマレーシアオープン。   

日本の大会と大きく違うのは、オープントーナメント(誰でも参加できるトーナメント)で賞金が出されるということ。 額は大会によって様々ですが、今大会の賞金総額 RM 40000.00を調べると1RM=32円。JAPANの優勝賞金と同じ程の金額がオープントーナメントで出されるようです。

大会スポンサーメーカーには、日本でもおなじみのCOSMO DARTS、Fit flightの名前もありますし、野毛駿平選手や赤松大輔選手などの有名選手も参戦しているところからも、今後注目すべきカテゴリーになってきそうですね。

この大会に、ディースリーサポート選手の浦野栄樹選手が、JDA派遣の日本代表としてシングル戦に参戦してます。

  

日の丸のついたユニフォーム、かっこいいですね。健闘を祈っております!

スチールダーツに触れてほしい

スチールダーツに興味のある方が増えているとはいえども、愛知県において名古屋以外の地域ではなかなか触れる機会が少ないのが現状。ソフトダーツと違って、的が小さく計算やアレンジなど頭を使うので難しそうという印象もあると思います。現に日本ではソフトダーツマシンが普及してからダーツが広がったと言っても過言ではないと思います。

一見難しそうに感じるところを逆手に取れば、ソフトで強い人にもスチールでは比較的勝つチャンスが広がるところが魅力の一つでもある気がします。頭を使うところもソフトダーツに活用できる部分もあり、考え方の幅も広がります。

そんなスチールの魅力を伝えるには実際に触れる機会を作らないといけないだろうと以前から浦野さんと話しておりました。 どこかのタイミングでやろうと話していた企画を、Vivace PROさんに協力を得て今回スタートさせてみようと思います!

 

スチールダーツの試合の進め方及びワンポイントレッスンと、参加者全員でリーグ形式の交流戦を行います。

ソフトチップ用のダーツでも、コンバージョンポイントがあれば大丈夫です。安くて500円くらいで買えます。 初心者でも気軽に参加できる内容です。

興味のある方は、是非参加してみてください!