ホーム > タグ > グリップ

グリップ

究極のコラボバレル DMC「PLS」とTIGA「X12」

先日、TIGAとDMCのコラボダーツが各社から2タイプ発売されました。

L:45.0mm/W:16.7g/MD:7.2mm    ¥24.800-

 

 L:43.0mm/W:16.5g/MD:7.4mm    ¥24.800- 

『Acute』と『Fusion』とは

DMCは『Acute』といわれる、胴体から一体となってネジ山を4BAサイズに削出し、チップは逆ネジ4BAサイズを採用したもの。重心位置を比較的前方に持ってくることや、先端を細く削りダーツのグルーピング時に優位なデザインにすることを可能にしました。

一方、TIGAの『Fusion』はチタンとタングステンを融合させ、今までの常識を超えた重心設計を可能にしました。またチタン部分はカラフルなコーティングを施し、目を奪われるようなバレルデザインとなっています。

この二つの技術を掛け合わせ完成したバレル、『PLS』と『X12』。両社の技術を互いに掛け合わせ完成したこの2つのバレルは、全く性格の異なったバレルとなって登場しました。

今回は、その2つのバレルを紹介したいと思います。

DMC Acute×Fusion  『PLS』

チタンとタングステンの割合が、目測ですがバレル全長に対して5:5の配分。形状はやや後方に最大径を持ってきており、そこからチップに向かって細くなっております。トータルバランスは全長のほぼ中央。

ネーミングの『PLS』はPaul・Lim・Specialという意味。DMCから発売中のPaul Limモデルに、グリッピングポイント(後方の括れ部分)を明確に設けてある感じ。カットは後方に細かいシャークカットが施され、割としっかりかかります。

TIGA Fusion×Acute  『X12』

 こちらのチタンとタングステンの割合は目測でバレル全長に対して6:4。そして最大径7.4mmの数値をかなりバレル前方に配置してます。さらにAcuteを採用しているため、チップホールのための掘り返しがありません。

そのため、今まで見てきたバレルの中でも類を見ない程の『超前重心』のバレルとなっております。

PC以外では見にくいかもしれませんが、2つのバレルの比較をまとめました。このようになります。

  DMC 『PLS』 TIGA 『X12』

素材 (左がチタン)

5:5 6:4
最大径の位置 やや後方 前方

バランス (セッティング時)

ほぼバレルのセンター かなりバレルの前方

 『PLS』を投げてみて

どちらのバレルも、まず手に取ったとき、無意識に既存のバレルと比較してしまうためか、前方に重みを感じます。これぞ「Fusion効果」でしょう。飛ばしてみた感じですが、不思議なことに『PLS』の方は全く違和感なし。前が重いという感じもなく普通に飛んでいきます。

後方の括れは思ったよりスポットが広く、グリップが多少前後しても違和感なし。前方が細めなので中指・薬指辺りの抜けが良く投げやすい印象でした。

前重心にこだわったというよりは、『Acute』による前方を細めに削ったデザインを強調したバレルという感じを受けました。

『X12』を投げてみて

『X12』の方ですが、構えた時、前方が重いので普通にグリップすると矢先が少し下がる感じがします。かなり前方位置に重心があるためそれを感じやすかったです。

投げるとこちらは凄まじい飛び方をしました。投げ始めは矢先のコントロールに戸惑いましたが、バランスに慣れてくると矢が伸びるように飛んでいき、失速することなくボードに届いてくれる感覚です。グリッピングポイントは特に明確なポイントはなく人を選ばない感じですが、後ろ目を持つと飛ばすときのバランス維持が少々難しいかもしれません。

飛ばし方に若干慣れが必要ですが、慣れると「スコーンッ」という飛びが比較的楽に作り出せるのでヤミツキになるかも。より攻撃的に直線的に狙いたい人に是非使って欲しいと思います。 

当店で試し投げが出来ます!

それぞれのメーカーの誇る技術をプレゼンテーションするかのように完成した2つのバレル。どちらもその性質が最大限引き出された個性あるバレルだと思います。価格は若干高めですが、それなりの価値はありそうです。

ごく普通に”投げやすい”という感覚を求める方には『PLS』。とにかく飛びを鋭く直線的に投げたいという方には『X12』をおすすめしたいと思います。

SHOPに試投用のバレルがありますので、ご来店いただいたみなさんに是非とも体感して下さい!

~TRiNiDAD(トリニダード)~バレル【Gonzalez】発売!!

TRiNiDAD(トリニダード)から、
PERFECTプロ・TRiNiDADプレーヤーの『西 哲平選手』考案のファーストバレル、
バレル【Gonzalez(ゴンザレス)】が発売されました!

newGonzalez

バレル単体重量
18.0g
最大径
7.4mm
全長
40.0mm

(メーカー)『エッジを削ったかかり過ぎないシャークカットで、絶妙のグリップ感を実現!
18gの後ろ重心バレル。
シャークカットだと指にかかりすぎると言う人にもオススメのゴンザレスは、バレル後部のシャークカットのエッジを削る事によって、絶妙のグリップ感を感じる事が出来ます。
また後部をグリップする人は、テーパー部分に力が加わりしっかりと押し出す事が出来ます。
前方はグルーピングの際にはじかれにくいように細く設計しています。
ずっしりと重めの18gの後ろ重心バレルなので気持ちのよい飛びを体感できます。』

【商品名】Gonzalez(ゴンザレス)
【商品内容】・バレル×3本・TRiNiDADプリントLAROシャフト(サイズ260)×1セット・ショートLipポイント×3本・TRiNiDADフライト×1セット
【価格】¥9,800

 

触った感じは、見た目のイメージとは違い後部のカットは引っ掛かりが強く無いです!
重心も後ろに設計されていて、結構多いと思いますがバレル後部を持つ人の為のバレルですね。
握った感じもしっかり太さを感じ、安心感があります。
メーカーコメントにあるように、後部のカット部分のテーパーでしっかり押し出せるし、重さもあるので飛ばしやすいバレルだなと感じました。

もちろん試投用のバレルも用意してありますので、気になる方は是非♪

 

西 哲平選手』

PERFECTプロとして、2009年の最終戦で見事3位になり、
それ以降PERFECT年間ランキングにて、2010年22位、2011年7位と着実に実績を重ねてきている選手。
今年も第3戦で5位タイなど、ポイントを重ねています。
他にも、PHOENIX CUP やレボリューションなどで活躍。今後も期待の26歳!

【RAPIER MICRO GROOVE】発売!!

<MONSTER>から、あの人気バレル【RAPIER】の

シャークカットを追加した【RAPIER MICRO GROOVE】が発売されました。

 

RAPIER MICRO GROOVE 】≪2BA≫

素材
タングステン90%
バレル単体重量
16.2g
最大径
7.2mm
全長
39.0mm

RAPIER MICRO GROOVE 】≪SLEEK(4BA)≫

素材
タングステン90%
バレル単体重量
16.5g
最大径
7.2mm
全長
39.0mm

【価格】 ¥9,800
【商品内容】バレル×3、シャフト×3、フライト×3、チップ×3、ケース×1

◆RAPIER MICRO GROOVE INFO・・・ 
「”RAPIER” 共同開発者”村松 治樹”から2011年初旬、シャークカットを追加したRAPIERの製作依頼があり開発をスタートさせました。
細かなシャークカットを施したことから”RAPIER MICRO GROOVE
コードネーム”RMG”の開発が進み、形状も”RAPIER” からは、後部のアウトラインをよりグリップに馴染むよう変更しいます。」

 この”RAPIER” 共同開発者”村松 治樹選手といえば、近年色んな大会で結果を残していてますね。「SUPER DARTS」に「burn.」、そして「D-CROWNのプロ」としてツアーでも活躍。ハードダーツでも2009年と今年2011年、「PDC Challenge Tournament FINAL “Winner”」となり、代表として「PDC Tournament」に参加。

 

カットの無い”NO GROOVE”の【RAPIER】は、SLEEKモデルとして2010年5月13日に発売。
そして約1年空いて、2BAモデルが、今年2011年7月15日に発売。
【RAPIER】から、最近のくぼみバレルの流行??が始まったと言っても過言ではないですね。

 

”NO GROOVE”【RAPIER】しか販売されてないのに、以前から村松治樹選手が使っているバレルにはカットが有る!!
SHOPでも「あのカットがあるRAPIERが欲しい」との声が多かったんですよね。

そんな中11月末に発売された、雑誌【NEW DARTS LIFE】の最新刊Vol.52の裏表紙に、
【RAPIER MICRO GROOVE】COMMING SOON・・・・と。「やっと出た」って感じです♪

 

NO GROOVE”の【RAPIER】と比べ、細かいシャークカットが入ることにより、滑りそうなどの不安が無くなる人はいるかもしれません。メーカーコメントに「後部のアウトラインをよりグリップに馴染むよう変更しいます。」とあるように、形も少し変わっていて、くぼみがなめらかになった感じがします。【RAPIER】にいいイメージの無い人も、一回試してみて欲しいですね。

新【RAPIER MICRO GROOVE】と、NO GROOVE”の【RAPIER】で投げ比べた場合に、僕個人で言えば、【RAPIER MICRO GROOVE】のほうが矢に力を乗せやすく好きですが、NO GROOVE”の【RAPIER】のほうがいいという人もいると思います。リリースの感じで分かれそうです。

 

新発売の【RAPIER MICRO GROOVE】の≪2BA≫&≪SLEEK(4BA)≫、
そしてNO GROOVE”の【RAPIER】の≪2BA≫&≪SLEEK(4BA)≫、
全てSHOPに試投用があります。気になる方はお試しを♪

1 / 1112345...10...最後 »

Home > Tags > グリップ

Return to page top