ホーム > タグ > ボード

ボード

究極のコラボバレル DMC「PLS」とTIGA「X12」

先日、TIGAとDMCのコラボダーツが各社から2タイプ発売されました。

L:45.0mm/W:16.7g/MD:7.2mm    ¥24.800-

 

 L:43.0mm/W:16.5g/MD:7.4mm    ¥24.800- 

『Acute』と『Fusion』とは

DMCは『Acute』といわれる、胴体から一体となってネジ山を4BAサイズに削出し、チップは逆ネジ4BAサイズを採用したもの。重心位置を比較的前方に持ってくることや、先端を細く削りダーツのグルーピング時に優位なデザインにすることを可能にしました。

一方、TIGAの『Fusion』はチタンとタングステンを融合させ、今までの常識を超えた重心設計を可能にしました。またチタン部分はカラフルなコーティングを施し、目を奪われるようなバレルデザインとなっています。

この二つの技術を掛け合わせ完成したバレル、『PLS』と『X12』。両社の技術を互いに掛け合わせ完成したこの2つのバレルは、全く性格の異なったバレルとなって登場しました。

今回は、その2つのバレルを紹介したいと思います。

DMC Acute×Fusion  『PLS』

チタンとタングステンの割合が、目測ですがバレル全長に対して5:5の配分。形状はやや後方に最大径を持ってきており、そこからチップに向かって細くなっております。トータルバランスは全長のほぼ中央。

ネーミングの『PLS』はPaul・Lim・Specialという意味。DMCから発売中のPaul Limモデルに、グリッピングポイント(後方の括れ部分)を明確に設けてある感じ。カットは後方に細かいシャークカットが施され、割としっかりかかります。

TIGA Fusion×Acute  『X12』

 こちらのチタンとタングステンの割合は目測でバレル全長に対して6:4。そして最大径7.4mmの数値をかなりバレル前方に配置してます。さらにAcuteを採用しているため、チップホールのための掘り返しがありません。

そのため、今まで見てきたバレルの中でも類を見ない程の『超前重心』のバレルとなっております。

PC以外では見にくいかもしれませんが、2つのバレルの比較をまとめました。このようになります。

  DMC 『PLS』 TIGA 『X12』

素材 (左がチタン)

5:5 6:4
最大径の位置 やや後方 前方

バランス (セッティング時)

ほぼバレルのセンター かなりバレルの前方

 『PLS』を投げてみて

どちらのバレルも、まず手に取ったとき、無意識に既存のバレルと比較してしまうためか、前方に重みを感じます。これぞ「Fusion効果」でしょう。飛ばしてみた感じですが、不思議なことに『PLS』の方は全く違和感なし。前が重いという感じもなく普通に飛んでいきます。

後方の括れは思ったよりスポットが広く、グリップが多少前後しても違和感なし。前方が細めなので中指・薬指辺りの抜けが良く投げやすい印象でした。

前重心にこだわったというよりは、『Acute』による前方を細めに削ったデザインを強調したバレルという感じを受けました。

『X12』を投げてみて

『X12』の方ですが、構えた時、前方が重いので普通にグリップすると矢先が少し下がる感じがします。かなり前方位置に重心があるためそれを感じやすかったです。

投げるとこちらは凄まじい飛び方をしました。投げ始めは矢先のコントロールに戸惑いましたが、バランスに慣れてくると矢が伸びるように飛んでいき、失速することなくボードに届いてくれる感覚です。グリッピングポイントは特に明確なポイントはなく人を選ばない感じですが、後ろ目を持つと飛ばすときのバランス維持が少々難しいかもしれません。

飛ばし方に若干慣れが必要ですが、慣れると「スコーンッ」という飛びが比較的楽に作り出せるのでヤミツキになるかも。より攻撃的に直線的に狙いたい人に是非使って欲しいと思います。 

当店で試し投げが出来ます!

それぞれのメーカーの誇る技術をプレゼンテーションするかのように完成した2つのバレル。どちらもその性質が最大限引き出された個性あるバレルだと思います。価格は若干高めですが、それなりの価値はありそうです。

ごく普通に”投げやすい”という感覚を求める方には『PLS』。とにかく飛びを鋭く直線的に投げたいという方には『X12』をおすすめしたいと思います。

SHOPに試投用のバレルがありますので、ご来店いただいたみなさんに是非とも体感して下さい!

【dartboard surround(ダーツボードサラウンド)】入荷♪

今回も、以前から問い合わせの多かった商品を入荷しました!!

unicornの【dartboard surround(ダーツボードサラウンド)】!!!!

※dartboard surround(ダーツボードサラウンド)????
自宅での練習に、音の静かなブリッスルダーツボード(ハードボード)を設置してある人が多いと思います。
そのダーツボードにハメ込んで、万が一ダーツを外してしまっても、大切な壁やクロスからガードするのが【ダーツボードサラウンド】です。

 以前からサラウンドは多少SHOPにも置いてありましたが、
今回、イギリスの老舗ダーツメーカーunicorn社製のサラウンドを、
素材の違う2種類、色も選べる様に各色取り揃えました!

上記説明のように、ボードの外側のダブルなどを狙い外した時などは壁を守ってくれますし、
ハードボードを設置してあるお店は結構サラウンドがついてますが、見た目もいいですね!

ショップに置いてありますので、欲しい・気になるって方はお気軽にSTAFFまで♪
(ネットSHOPは現在準備中です。)

衝撃映像?! 動画撮影のすすめ

普段みなさんが投げているダーツの軌道。どんなふうに見えてますでしょうか。

山なりでしょうか。それとも直線でしょうか。

自分の投げている姿を想像できますか。それはどれくらい正確でしょうか。

今回は、ある動画を紹介したいと思います。これは何年もダーツをやってる人でもあまり見たことない位置からの撮影です。といっても半分遊びで撮影した僕のダーツのスローの映像です。気楽に見てもらえれば幸いです。IMG_1524 (←クリックすると動画が再生されます)

1投目BULL

2投目右に外す

3投目…?!

 

実は、BULLの真下にカメラをセットしてました。

失投は許されない。外すとしても下は厳禁。そんなリスクを抱えながらもBULLの下にセットしたわけは、正面から自分のフォームチェックするためというのと、BULLに向かってくるダーツの映像を撮りたいという興味から。一回目の撮影でヒヤッとしたので次は慎重に。

思ったよりいけるという感じで臨んだ2回目の撮影。IMG_1525 (←クリックすると動画が再生されます)

1投目…、直撃!

まさかの1投目からでした。完全にカメラ直撃!内心、「やっちまった…。」でしたが、2投目BULL、3投目BULLと何事もなかったようにナイスカバー。

フォームチェック 

1回、2回と撮影を終えフォームチェックしてみると、上半身が思ったより正面を向いてしまっていることに気づく。左肩を少し後ろに引き、上半身をボードに対して垂直気味に近づけることで自分のイメージに近くなるので、そこを修正して投げてみようと思いました。

気を取り直して、3回目の撮影。IMG_1526 (←クリックすると動画が再生されます)

1投目BULL

2投目BULL

3投目ビビッて右にはずす。

 

始めの2本はカメラに向かって飛んでくる迫力の映像が撮れました。(かな?!)一歩間違えば僕のiphone破損というリスクは、メンタル強化の一環なのです。でもビビっちゃいました。

チェックしてみると、すこし左肩は後ろに引けて、自分のイメージに近くなった感じで投げれてます。また、映像からわかるのは、カメラから見て左に立っていること。自分では正面に立っているイメージでした。自分の中で思っている真っ直ぐとBULLから垂直に見た真っ直ぐに差がある事もわかりました。

フォームはすぐに直す必要があるか

今週末にはMJトーナメントがあります。大会前という事を考えてフォームに修正をかけるかどうかは検討しなくてはいけません。

左肩の位置は、修正後にはスイングの違和感がなくなったので修正すべき点。短期間ですが必要なのでやる。

立ち位置を真っ直ぐに直すというのは見え方が大きく変わり、修正に時間がかかりそうなので今はやりません。入れることができてるうちに形が気になるからといってむやみにフォームをいじると、下手すると大会直前に壊れてどうにもならなくなってしまうことがあります。自分の投げている動画を見て実際にやっている事のイメージを正確につかんで、それを踏まえて投げることで、今より動作に迷いがなくなります。

立ち位置は変えず、”真っ直ぐ投げてる”という思い込みを、”斜めに投げてる”と認識して投げようと思います。

動画撮影のすすめ

今では携帯やスマートフォンのカメラ機能でもそこそこまともな動画が撮れます。BULLの真下にカメラをセットするのは、わかりやすくて良いのですがあまりオススメできません。動画撮影は、普通にカメラの安全を確保した場所から撮影するのが無難です。正面だけでなく横から、上から、後ろからなど、自分の目では見えない位置からとるといいでしょう。自分のイメージとのギャップに驚くかもしれません。

是非皆さんも動画を撮って自分でチェックしてみてください。

1 / 41234

Home > Tags > ボード

Return to page top