ホーム > タグ > フェニックス

フェニックス

フェニックス土岐大会に参加してきました!

3/25の日曜日は岐阜県のセラトピア土岐で行われた、フェニックス土岐大会に参加してきました。

最近ではフェニックスの大会も増え、東海地区でも大小問わず数多く大会が開かれております。参加者も回を重ねるごとに増え、盛り上がりをみせつつあると言えると思います。今回の大会は愛知・岐阜・三重などから約850名程の参加で、ダブルスDivition1~7と、Rt上位64名によるプレミアムシングルスが行われました。

Dx3からは私、片山俊宏と佐藤創真のダブルス1組とそれぞれプレミアムシングルスエントリーしました。片山・佐藤ペアは昨年のDMJC名古屋大会以来のペアでのエントリーでしたが、Divition1でなんとか決勝まで駒を進めることができました。決勝戦は奇しくも予選で唯一負けたtuktukの甲斐・石田ペアにまたしても破れ準優勝でした。シングルスは片山はベスト16、佐藤はベスト8という結果に終わりました。

今大会の主催であるPHSダーツさんが行なう大会は過去に何度か参加させていただいておりますが、フェニックスを扱うディーラーさんということもありフェニックス設置店からの参加が多くを占めておりましたが、今回参加した店舗は、Dx3も含め他のマシン設置店からの参加も多くあったようです。

参加者の裾野を広げ、大会によってダーツの楽しさを伝えること。プレイヤーの活躍の場を提供することがディーラーの使命だと思いますが、名古屋を拠点に地元のダーツの普及に尽力されているディーラーさんとして、徐々に成果が表れているのではないかと思うのが、今回参加してみて感じた僕個人の感想です。

また、JAPAN16の三重の藤井大輔選手をはじめ、多くのプロプレイヤーから貴重なアドバイスを頂くことがでました。一般のプレイヤーが参加する大会にプロの選手がエントリーし、大会を盛り上げることは素晴らしいことだと思います。こういった個々の力でも、まだまだダーツは盛り上げることができると確信しました。今後の活動に生かしていきたいと思います。

ありがとうございました。

第6回 Dx3シングルス総当たり戦

3/11(日)はDx3シングルス総当たり戦でした。今回は、佐藤創真選手が11戦無敗で初の全勝優勝を飾りました。先週のLJトーナメントでも思うような結果が残せませんでしたが、今回の優勝で自信をつけて欲しいところです。

来週末の3/25(日)は、土岐で行われるフェニックストーナメントに佐藤創真選手と僕で参戦予定です。お互い良い結果が残せるようがんばりたいと思います。

自分を保つ

さて、今回初参加した世古選手について。彼はゆっくりで丁寧なスローを心掛けている選手。投げ方を頭で整理してから一本一本丁寧に投げます。普段見ている限りでは、自分の中で「これはやってはいけない」というスローの悪い癖が出ないよう慎重に投げる。そのためスローのペースは非常にゆっくりです。

ダーツにおいて、「自分を保つ」というのは難しい課題で、いろんな状況下でも動じないメンタルと安定した技術を求められる競技ですよね。

僕について言えば、とにかく数多く投げて良い感覚を切り出し、それをロジック的(論理的)に解明して行こうとするタイプ。テンポも速いです。ですが雑な感じもあると指摘されることもあります。

今回の総当たり戦では11名との対戦が組まれている中で、最後までその確認を怠らず、自分のペースで投げ切ってました。見ていた選手の皆さんの中には、慎重に投げすぎと思う方もいるかもしれません。あくまで勝つことが一番大事な総当たり戦ですが、そこはさておき(勝手ながら)、最後まで「自分を保つ」という精神力の強さは賞賛に価するものではないでしょうか。

誰でも「もっと簡単に入れば」と思います。「丁寧に投げるタイプ」と「リズムで投げるタイプ」、どちらにも良し悪しあると思います。

じゃあどっちがイイの?っていう話ではなくて、自分に一番適しているスタイルを見つけ、そこがブレないことこそが、強さではないかと思います。

結局ダーツって答えがないんですから。今のところは。

ダーツの大会に参加してみよう!

3月20/21日に地元岡崎にてダーツの大会”フェニックス岡崎大会”が開催されました。

21日には、D×3からも2組参戦しました。今回は、私(104若丸)とタテバヤシ(たっち)のペアが、Division1にて3位入賞しました。

と、いいましても優勝ではないので、次回に向けて更なるレベルアップを図る心の内です。

大会を選べる時代

ところで、ここ数年、岡崎市でもダーツの大会は年に1~2回のペースで行われるようになり、ダーツの人気も高まってきているようですね。

現在、愛知県内では200名以上のエントリー人数で行われる大会は年に5~10回ほど開催されており、あまり大会の行われない冬場を除けば、ほぼ毎月大会が行われるようになりました。 ダーツに取り組んているみなさんが【大会に出たい!】と思った時には大体エントリーが可能という状態にあるということです。

これは数年前とは大きく違うところで、大会に出て表彰されたいという目標でダーツに取り組んている人にとってみれば、チャレンジ回数が増えてチャンスが広げられました。

また、大会の種類が多様化しており数も多いので、参加する大会をプレイヤーが選ぶ時代になっています。大会側もプレイヤーがいろいろ楽しめるよう工夫を凝らした大会運営に尽力している事でしょう。

大会に参加することをオススメするワケ

ダーツをやっているけど大会に出たことはない、という方はたくさんいると思います。

大会の存在も知らない人もたくさんいると思います。 また、大会があることは知っていても、試合はレベル分けされて組まれていることとか、ブースが出展されておりイベント要素があることとか、現状を知らないでいる人も多いのではと思います。

もちろん、大会は普段とは違ったシチュエーションですから緊張感もあるでしょう。

そのなかで、新たに自分のダーツのヒントを発見することもあるでしょう。

試合に勝ってペアや仲間との絆を深めるきっかけにもなるでしょう。

負けて自分の弱さに気づき、より強くなるチャンスを発見するでしょう。

やはり大会に出ることの一番のお勧めの理由は、

「ダーツを通じて交流を深める」という事ではないかと思います。

大会会場には、いろんなお店からエントリーした方がそのお店のシャツを着て参加してます。お店の交流やプレイヤー同志の交流も大会を通じて生まれることだと思います。

そういった交流や仲間を増やす事は、末永くダーツを続ける原動力になるはずです。

大会は”ダーツの楽しみ方のひとつ”

もちろん今は大会に出ていなくてもダーツを楽しめる、という方もいるでしょう。大会はダーツの楽しみ方のひとつであり、モチベーションアップのひとつです。

【大会に参加する】ということは はもちろん勝ち負けを争うことでもありますが、それ以外にも楽しめる要素はたくさんあるということです。

大会に参加されたことのない方が周りにいらっしゃいましたら、ぜひとも大会に参加することをお勧めしてあげて下さい。きっとダーツの新しい楽しみ方に出会えます。

まもなくエントリーが開始する近隣の大会の案内が来てますので、ご紹介です。

DMJC名古屋( 名古屋国際会議場 )
日時:5/8(日)
内容:ダブルス¥5000/シングルス¥3000
(ダブルスと両方エントリーの場合は¥1500)
4/1よりエントリー受付開始!!
締め切り:4/25(月)(人数が定員に達した時点で締め切りとなります)

4/1よりエントリーが開始されますが、D×3では本日よりエントリーの受付を開始しております。 店舗受付は、東海地区近隣のダーツマシン設置店にて可能です。エントリーを行っているかどうかについては、最寄りの店舗にお問い合わせ下さい。

1 / 212

Home > Tags > フェニックス

Return to page top