Home

D×3ダーツブログ

PERFECT静岡大会に参戦して来ました!

佐藤です。

4月8日にPERFECT第6戦が静岡県の清水マリンターミナルで開催されました。

今期は男子が全37戦、女子は全21戦という日程で、PT300、PT200、PT100という形で大会によってもらえるポイントが変わります。PT100に関しては、一部の東京大会を除いて基本男子のみの開催となっています。そして今回の静岡大会は男子のみで行われたPT100の大会でした。

翌日、JET静岡が同会場で開催されるということもあったとは思いますが、マシンの数が多く、試合の待ち時間、好きな時にアップができる状態でした。地元の選手や、フル参戦を考えている選手が多かったというのが印象です。

今回は深津義貴選手と一緒に移動し、会場入り。深津選手は先月静岡で開催されたPERFECTプロ試験に合格し、今回が初参戦となりました。

少しの間、色んな都合でダーツから離れていましたが、半年前にまたダーツを復帰し、それからは仕事と両立しながらほぼ毎日のように練習に励んでいます。深津選手の毎日頑張ってダーツを投げている姿に刺激を受ける方も多いのではないでしょうか。

試合後、「PERFECTは観戦したことはあるけど、実際自分が参加してみて今後のダーツのための良い経験になった。次は絶対に勝ちたい。この悔しさを糧にまた練習していきたい。」とのことでした。一緒にツアーを回れる選手が1人増えたことは僕にとっても嬉しいです。次回、必ずリベンジしましょうね。

予選を通過し、決勝トーナメント。1位で通過できたので、1回戦はシードでした。
組み合わせが発表され、見るとこのようになりました。

一回戦目で、小野恵太選手対浦野栄樹選手。勝った方と僕が2回戦のカードという形となりました。どちらが上がってきてもやりにくい試合です。

決勝トーナメントが始まる前に浦野選手が、「どちらかが小野選手を倒そう。」と激励してくれたのですが、結果2人共小野選手に敗退となってしまいました。

正直、小野選手との試合は相手を意識してしまいました。意識しすぎて自分のダーツができず負けてしまったことが悔しかったです。

全37戦あるなかで、出れる試合は可能な限り挑戦していきたいです。その中で、今後もランキング上位の選手と対戦する場面はあると思います。

できれば相手を意識したくはないですが、特にそのような選手に対してはどうしても意識はしてしまいがちです。今回はマイナスに働いてしまいましたが、その意識がプラスの方に持っていけるように、そのためにもしっかり練習して自信を持って試合に臨みたいです。

あと、会場のブースにてASUKAダーツの五十嵐社長から「ASUKAダーツ 10周年フライトL」と、

ASUKAダーツ GOMUをいただいたきました。

正しい使い道を先輩スタッフに聞いてみようと思います。笑

ASUKAダーツさん、10周年おめでとうございます。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

PERFECT 石川大会に参戦してきました!

佐藤です。
 
4月1日(土)、PERFECT石川大会に参戦してきました。普段ディースリーで練習している3名の選手と同行しました。
 
 
今回は観戦・応援で神田選手が岡崎〜石川間を往復運転してくださるということで、僕と杉本大樹選手は夜1時閉店まで投げて、車内で睡眠を取るという形で試合に臨んでみました。
 
前日、会場の近くで泊まって大会を迎えるという形を取れる方もいれば、なかなか当日会場に向かうという形でしか参戦できないという方もいると思います。僕も当日会場に向かうという形が多くなると思いますが、自分のコンディションをどう整えていくかということが課題になってくると思います。
今回は前日の出発ギリギリまで投げてから移動するという手段をとることができました。前日ギリギリまで投げていたということで予選1試合目から練習通りのダーツができたように思います。
 
試合前の過ごし方にはいろんな考えの人がいると聞きます。ディースリーのスタッフの片山は試合当日の朝に投げるという方法でコンディションを整えているそうで、前日の睡眠時間より朝投げる方を優先させているそうです。前日は全く投げないという人も聞きます。
なかなか色んな都合上、全てにおいて完璧な準備ができない人が多いと思いますが、今自分にできるベストな状態で試合に臨みたいものですね。神田選手、運転本当にありがとうございました!
 
 
話は変わりますが、実はこの大会に出る2週間前くらいからDARTS LIVE2のシュートアウトをよくやるようにしていました。シュートアウトとは、1から20そしてブルまで数字順に全ナンバーを狙う練習です。このメニューを取り入れたきっかけはクリケットの練習に悩んだからです。
 
枠を外さない意識を持って行えるゲームとして、シュートアウトはいい練習ゲームだと思います。
 
石川大会の帰りの車内でも、クリケットの練習方法というのが大きな議題となりました。「01はカウントアップでブルの練習ができるけど、クリケットってみんなどう練習しているのだろう?」という話でした。もちろんクリケットの練習にクリケットカウントアップというものがプラクティスにはあります。しかし、「試合ではクリケットカウントアップのように、ここを狙えというシーンは少ない。」という意見でした。
 
皆さんはクリケットをどんな方法で練習しているのでしょうかね。
 
まだ模索段階なのですが、シュートアウトでの練習は僕は手応えはあるのでもう少し継続してみようと思います。そして、今週8日(土)はPERFECT静岡大会です。クリケットの練習方法について考えつつ、今行っているシュートアウトの練習がクリケットナンバーの精度に結びつくのではないかと信じて継続していこうと思います。
                      
余談ですが、この日のウォーミングアップ中、福永(T-B)社長にインタビューしていただきました。「今日はどちらから来られたのですか?」と質問されました。
実は昨年の名古屋大会でも同じ質問でインタビューされたのですが名前すらも覚えられていなかったようでした。笑
 
今度は優勝して名前を覚えてもらいたいです。
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

SUPER DARTS 2017を観戦して

片山です。

SUPER DARTS 2017、小野恵太選手の素晴らしいダーツで優勝。どの選手も本当に素晴らしかった。

エンターテイメントとしてなのか、スポーツとしてなのか。どう捉えるかは別として、いずれにせよ今自分が携わっているダーツがすごく身近なところでありながら、着実に発展していってるなって感じれるイベントだったことは間違いないと思いました。

僕は、いちプレイヤーとしては今の自分はまだまだなんだな。と思う気持ちと、やはり高みを目指している限りはあのレベルで戦えるようになりたいという気持ち。あのハイレベルなダーツをまざまざと見せつけられて複雑な心境です。

でもやはり、

観る人、やる人、人それぞれの携わり方がある中で、一緒に感動したり、悔しがったり、喜んだりを共感できて、最後に「いいもんみたなー!」って思えることで、ダーツって楽しいなって思えてよかったと思いました。

今回出場した選手たちのように、プレイヤーとして楽しさを伝えることが出来ることは幸せだろうなって思います。

負けた選手も本気の準備で全てを出し切ってダーツを投げている姿は、観る人を感動させてくれたと思います。全ての選手に感謝したいです。

小野恵太選手、世界チャンピオン本当におめでとう。そしてありがとう!!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
3 / 10712345...102030...最後 »

Home

Return to page top