Home

D×3ダーツブログ

【一宮店】ハウストーナメント「ZERO-ONE」を開催しました!

明日からはいよいよsmash名古屋とJAPAN愛知大会が2日間にわたって開催されます。
参加される皆さんは準備はどうでしょうか。

一宮店ではsmashやJAPANに参戦する方も多く、その前哨戦として先日5/5には、一宮店にてハウストーナメント「ZERO-ONE」を開催しました。

IMG_6630IMG_6632

今回のフォーマットは01のみの5Legメドレー。参加選手のレベルに応じて異なる持ち点でエントリー。

・Rt.6.99までの人は301
・Rt.7〜11.99までの人は501
・Rt.12以上/JAPAN,PRIDEに参戦の人は701

例えば、Rt.3の人とRt.10の人は301 vs 501で勝負。マニュアルハンデで設定します。JAPANとPRIDEに参戦の方はさらにマスターアウトの設定付きで、どのレベルに参加する選手も、自身の週末の大会に向けての練習として参加してもらえるようなルールにしました。

僕自身も参加しましたが、例えばRt.11ぐらいの方との501 vs 701や、Rt.6の方との351 (マシン設定上、701との対戦ハンデの限界)は、正直しんどい。ですが、そこはしっかり入れていかなきゃいけないので良い練習と思ってチャレンジ。僕にとっては中身の濃い練習になりましたね。

優勝したのは、JAPANプロの三浦正貴選手。

IMG_6626

本番前の調整と、普段投げ慣れていない人と数多く投げたいとのことで参戦していただき、優勝という結果でした。かなり安定してました。パーフェクトトライも4回位あったかな。でも、本人は「上がらんといかん」と辛口コメント。ま、そりゃそうか。

週末のJAPAN愛知大会は、期待できそうですね。頑張って欲しいところです。

IMG_6639

特記すべき点として、三浦選手の普段の練習量はかなり多いということ。
今回のハウスは約4時間のトーナメントでしたが、終わってからさらに5時間の練習をして、帰宅。
大会後も県外の遠征であっても負けると戻って練習に打ち込むほど。「今回のJAPAN愛知では絶対に結果を残したい」という強い意気込みがあることを話してくれました。一緒に練習していてもそれが充分伺えるほど、気持ちは強いです。

惜しくも準優勝だった、佐藤宏徳選手。悔しそうなこの表情。(そうでもないか?!笑)

IMG_6627IMG_6640

今は岡崎店で投げており、Rt.3でエントリーしたもののエントリー後にメキメキと力をつけてきてます。今回の準優勝で何か自信になってくれたらいいと思ってます。週末のsmashは初めてのビッグトーナメント。楽しみですね。

週末は、ダーツで熱い2日間になりそうですね。

JAPAN愛知に参戦される皆様。特に東海勢は気合入っていることでしょう。がんばりましょうね!

IMG_6607IMG_6633

 IMG_6635IMG_6636

IMG_6637IMG_6631

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「グッドルーザーでありたい」 JAPAN兵庫に参戦して

先週の日曜日、JAPAN兵庫に参戦してきました。ディースリーのサポート選手の結果は以下の通りです。

片山俊宏
予選 3-1 +3  
決勝 Division1 ベスト32進出

須藤大地
予選 3-1 +4  
決勝 Division2 1回戦進出

百瀬仁
予選 0-4 -7 予選敗退

松藤一馬
予選 0-4 -4 予選敗退

神田貴秀
予選 2-2 ±0 予選敗退

初の入れ替え戦進出

今回、片山が自身初となる入れ替え戦に進出しました。 抽選により決定した対戦相手は、村松治樹選手。フルレッグまでもつれた試合は2-3で村松選手。チャンスはあったはずですが、勝負どころで決めきれずの敗戦でした。

 

JAPAN-DARTS TV 
村松治樹 (JAPAN16) VS  片山俊宏
http://japan-darts.tv/2015/japan/stg2/20150426japan2_ja_best32_12.html

グッドルーザーになれなかった

今回、一つ反省している点があります。

以前ブログでも紹介した「グッドウィナー・グッドルーザー」について。 勝ってどうした、負けてどうした。
この部分を自問自答してみました。

入れ替え戦前の試合で対戦相手だった仁木匠選手は悔しさを噛み殺し、「がんばってください。」と僕を激励してくれました。敗戦相手からかけてもらえるその言葉は心強いものですし、闘志がさらに湧きます。

一方、入れ替え戦で負けが決まった直後の僕は、正直何も考えられず放心状態に近かったと思います。
逆に村松選手は気遣ってか「名古屋の方ですよね。ありがとうございました。」と声をかけてくれました。
僕はただただ返事をするのが精いっぱいだった気がします。自分からは何も話せませんでした。仁木選手のように激励の言葉をかける余裕はなかったのだと思います。

落ち着いて自分の振る舞いを考えると、今回は、そこが足りなかったです。

もし自分が、村松選手に少しでも力になる言葉がかけられえていれば。もっと何かできることはなかったのだろうか。グッドルーザーになれなかったのだろうか。いろいろ考えさせられました。

それで結果が変わるかどうかはわかりませんが、そういう問題じゃないんです。
勝つために必要なことかどうかの問題でもないんです。

選手として以前に、ただ「そういう人でありたい」と思うだけです。

ダーツは誰のためでもなく自分のためにやっているということ。
勝っても負けても、自分らしくありたいと思います。

結果は後から、そこについてくるものだと思っていますので。

 自分がやっている事を信じて、これからがんばりたいと思います。
今後とも応援よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

JAPAN 2015 開幕!千葉大会&ディースリー スポンサー選手の紹介

先週の土曜、プロトーナメントJAPAN 2015が千葉で開幕しました。
開幕戦で男女合わせで620名以上のプロが参戦しており、ディースリーからは須藤と片山が参戦しました。

ルールの変更や選手の移籍やらユニフォームの柄が変わったりなど、いろいろな変化が開幕戦という雰囲気を湧かせておりました。

中でも気になってた、新たにオフィシャルスポンサーとして参入したメーカーさんの内の一つ、TRINIDADとコンドル。JAPANの会場でそのユニフォームを見るのは新鮮でしたが、コンドルがJAPAN使用可能になることで、選手の道具に対する考え方の幅が広がって良いことですね。

FullSizeRender IMG_0107

会場にはディースリーの皆さんにはおなじみの彼も応援に駆け付けてくれました!
関東の試合にはいつも応援に来てくれます。

IMG_0077

会場にはブースも数多く出展されており、会場を盛り上げておりました!

IMG_0078 IMG_0079 IMG_0083 IMG_0084 IMG_0087 IMG_0094

一昔前と比べると、ブースも随分と見た目も豪華になったと思います。ただ商品が買える場所としてでなく、楽しめる場所として変わってきてますね。

また、こういった各メーカーのブースにはそれぞれスポンサードを受けているプロプレイヤーが試合の合間に遊びに来ていたりもします。応援している選手に会える機会があったり、買い物のアドバイスまでしてもらえるかもしれない、意外な穴場スポットかもしれません。

プロトーナメントの試合が近くで開催されるときは、足を運んでみるといいかもしれませんね。

JAPANエキシビジョン 新方式

本年度からは、予選はダブルスラウンドロビン。決勝トーナメントからはシングル戦になるという斬新な方式。予選を共に戦い抜いてからは、決勝トーナメントからはお互いがライバルになるんです。今大会のJAPANレディースの決勝は予選でダブルスのペアだった焼山理恵プロvs相内晴嘉プロの対決となりましたしね。しかも、選手からしてみればこの後に入れ替え戦を控えているのでよい準備になる。

これ、ちょっとやってみたいなぁ。ハウストーナメントでも採用してみようかな。

千葉大会 試合結果

ディースリーのスポンサー選手の試合結果です。

須藤大地 
予選 2勝2敗 +1
決勝トーナメント 2回戦進出

片山俊宏
予選 3勝1敗 +3
決勝トーナメント 2回戦進出

以上の結果となりました。

IMG_0101

2015 ディースリーのサポート選手

2015年度のディースリーのサポート選手の紹介です。
今季はJAPAN・PERFECT・ユースと3つのカテゴリの選手をサポートさせて頂きます。

≪JAPAN≫
須藤大地選手 
D-craft/L-style/豊友自動車
IMG_9662 

 

百瀬 仁選手 
IMG_9687

 

松藤 一馬選手
FullSizeRender

 

竹澤雄馬選手
Darts Cafe Ailes
IMG_9651

 

神田貴秀選手
FullSizeRender

 

片山俊宏(ディースリースタッフ) 
TIGA/SHADE
FullSizeRender

 

原田 剛(ディースリースタッフ)
IMG_9718

 

≪PERFECT≫
浦野栄樹選手 
vivace pro/vivace/D-craft/L-style
FullSizeRender

≪ユース≫
佐藤創真選手 
ULTIMA DARTS/L-Style/アドエヌ/ERスポーツ
IMG_9640

以上の9名です。

結果がすべてとよく言います。ですが、そのプレイヤーの価値は結果だけでは決まらないと思ってます。
大切なのはその過程であって、結果はそれにくっついてくるものでしょう。
スポンサーとして求めるものは結果ではなく、それぞれの目標に向かって努力していく過程です。
ディースリーは、この9名の過程をサポートしていきたいと思っております。

皆様、今後とも応援をよろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home

Return to page top