Home > Archives > 2015-07

2015-07

身体には出来ることと出来ないことがある?!  イップス論レクチャー会

先日、ASUKAダーツの五十嵐さんのイップス論レクチャー会を岡崎店にて開催しました。
平日にもかかわらずたくさんの方に参加していただきました。

 

参加者の皆さんはすごく真剣にお話を聞いていました。
上手くなるためのヒントになるかもとか、思うように体が動かない理由を知りたいとか、身体の事に詳しくなりたいとか、上手くダーツを教えられるようになりたいとか、いろいろな想いを持って参加されたことだろうと思います。

以前ブログにも書かせて頂いたことがありますが(Dx3ブログ:やっぱりダーツは難しいんです )、ダーツが上手くなりたい人へのアドバイスをする際にダーツのための方法論のみで進めていく教え方は、主観的になりすぎて特に中級者辺りの人たちに対しては理解が難しい印象を与えてしまっているのではないかと思うんです。「人それぞれ」で決着してしまう、結局上手くなった人の話として捉えられるためなのか、なかなか理解・共感を得にくいことが多いと感じてます。

全員に共通する、身体の構造の話であれば理解されやすい部分が多いのではと思い、皆さんに身体の仕組みについて少しでも関心を持ってもらいたくて、今回このレクチャー会を開催しました。皆さんはいかがだったでしょうか。   

概要はこんな感じでした。実際に体感できるデモンストレーションなどを入れるなど、非常にわかりやすく説明していただき、2時間半があっという間でした。

①人間は構造物であるという事
・2本足で立てるという驚くべき機能が人間には備わってる。
・「曲げる」と「伸ばす」の筋肉と神経のメカニズム。
・「してしまう」のメカニズム。反射。

②道具に力を伝えるためには?!
・体重移動の必要性
・手首の使い方

身体の仕組みや構造などの知識は、スポーツにおいて必ず役に立つものだと思っています。
現に多くのトップアスリートも身体解剖学や物理学、スポーツ心理学までもの知識は持ち合わせている選手は多いです。
それは、自分の身体と心を上手くコントロールするためです。当然そのコントロールする能力が高いほど、競技としても成功しやすいため自ら知識を獲得していったのだと思います。 

 

「身体には出来ること出来ないことがあるということを知った上で、方法(投げ方)の選択が出来るようになれば良い。」と、五十嵐さんは言っておられました。特に、「出来ないことがある」ということをハッキリさせるだけでも、全然違うと思いますよね。

一番大事だと思うのは、”方法を選択する”ということだと思います。

決して「こうしなければいけないです」というわけではなく、こういった知識や感覚を元に自分自身で選択していくことに意味があると思います。 レクチャー後に「いろいろと考え方が変わった」という方も多かったのではないでしょうか。そういった方も、自分にとってはどうなのかを考えて選択することが大切だと思います。

 

イップスというキーワードから、身体の仕組みについてレクチャーしていただき、参加されたみなさんが”自分”というものの理解度を深めるいい機会だったと思ってます。

皆さんとダーツについて考える際の一つの材料として、この会のお話を共有できれば良いと思っていますので、また機会があれば是非参加してみて下さい。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

TIGA GRANDPRIX&JAPAN愛知大会に参戦してきました!

先週行われたTIGA GPとJAPAN愛知大会。 地元の大会なので、たくさんのお客さんとも出会えた2日間でした。参加された皆様、いかがでしたでしょうか。

さて、JAPANの方に参戦したディースリーの選手の結果です。

片山俊宏
予選 4-0 +8  決勝 3回戦進出

須藤大地
予選 3-1 +3  決勝 2回戦進出

神田貴秀
予選 1-3  -3  予選敗退

原田 剛
予選 1-3 -4  予選敗退

百瀬 仁
予選 0-4 -7  予選敗退

竹澤雄馬
予選 0-4 -7  予選敗退

ご声援ありがとうございました。

JAPANは選手会の発足に向けての動きが少しずつ出始めているようですね。
その一環として選手のJAPANメルマガの登録の呼びかけも盛んになってます。選手会からのお知らせがJAPANメルマガから発信されるようになるのだと思います。

登録方法がわからないという方は、既に登録している方に届いているメルマガの最後の方に登録のURLがついてますので、教えてもらうといいでしょう。

JAPANの選手は登録が必須となってるようですので、まだ登録が済んでいないJAPAN選手の皆さんは登録しておきましょうね。

大会2日目

2日目はJAPANのベスト32からとTIGA GPのダブルスとシングルスが行われました!

JAPANは、前回の北海道大会に続き安食賢一プロが2連覇。JAPANレディースは、本野千秋プロが今季初優勝を飾りました!
 

安食プロは、エキシビジョンも優勝してますので、完全優勝ですねー!おめでとうございます。

TIGA GP ダブルスでは一宮店からCCフライトでエントリーされた、スギウラ・ニシムラ ペアが優勝しました!
この二人、実は5月のSMASH名古屋大会でも優勝しておりまして、名古屋のBIGトーナメント2連覇!  

そして、もういっちょ!

ムカエ・キクチペアがCフライトで優勝しました!初優勝です。おめでとうございます!  

さらに!

シングルスではCフライトでニシムラテツヤ選手が3位。ダブルスとシングルスのW入賞!  

おめでとうございます!

大会風景

会場で撮った写真をアップしておきます!

                                

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「SUPER LEAGUE 2015」に参戦してきました!

 先週の7/4(土) にはSUPER LEAGUE 2015が沖縄の那覇市民会館にて開催され、全国のPDLリーグとJAPANリーグのチャンピオンチームが集まりました。

   

JAPANリーグの愛知代表として、ディースリー岡崎店をホームとするGLORBITが参戦してきました。

    

普段から行っているリーグ戦でもそうですが、各チームが決められたゲームに出る選手を選んでオーダーを組みます。誰がどのゲームに出るかを決めるのは各チームによって様々。

GLORBITは、前日にチーム全体で話し合った形で相手がどこであろうとこれで行こうと決めた形で勝負しました。   

残念ながら、結果は予選敗退。今までダーツをやってきて味わったことない敗北感。 チームのために投げるダーツの責任の重さと悔しさを思い知った大会でした。

チームとしてまだまだ未成熟に感じた部分もありましたが、大会を通じて深まった絆や来年への目標も明確になったことは大きな収穫だったのではないかと思っています。

また、PDLリーグ愛知代表で参戦したtuktukチームが、初参戦初優勝という快挙を成し遂げました!
tuktukはチーム愛あふれる、素晴らしい戦いでした!見ているこちらも応援に熱が入りました。

本当におめでとうございます!

   

両リーグの愛知代表で合同記念写真。

インターリーグ出場を目標に、チームGLORBITを立ち上げて1年弱。まだまだ模索段階です。

まずはリーグ戦を勝ち抜いて、またSUPER LEAGUEに参戦できるようチームでがんばりたいと思います!  

おまけ

試合後、時間があったので沖縄のダーツショップ「Jackalope」へ行ってきました!県内唯一のショップという事もあり、シャフトやフライトのバリエーションは豊富にそろえてありました!

 FullSizeRender FullSizeRender

沖縄限定フライトも置いてあるのは観光客の方にはありがたいですね。沖縄に行った際には、一度訪れてみてはいかがでしょう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2015-07

Return to page top