Home > Archives > 2014-12

2014-12

プレイヤー主導の企画 「P-cup」に参加してきました!

先日は名古屋のE-DARTSで開催されたハウストーナメント、P-cupに参加してきました!

IMG_5181

主催したのは、大野貴志さん。岐阜県を中心に活動をしており、JAPANプロ資格保有者です。ツアーにも参戦していながら、今回のように自ら思いを発信しダーツを盛り上げようと頑張っているプレイヤーです。

   IMG_5201

岐阜県を中心に開催し続けて、今回で7回目の開催となりました。
主な狙いは、プロの選手の環境づくりと選手の育成。そしてそこから自分自身も学びレベルアップしたいという大野さんの思いです。

今回行われたP-cupの参加者は岐阜・愛知のプレイヤー男女合わせて30名以上。JAPAN・PERFECTに参戦するプロの方から、これからさらにレベルアップしプロを目指している方までたくさんの方が熱戦を繰り広げました。

IMG_5187 IMG_5185

ゲームフォーマットはPERFECTルール。
このルールは、予選は501-501-chで決勝ラウンドは501-cri-cri-501-ch。01はセパレートブルのダブルアウトとなります。
自分自身、セパレートブルの501の試合はハードダーツでの経験ぐらいで、ソフトでは滅多にない試合経験でしたので、戸惑いもあり、新鮮でもありました。JAPANの701とはスピード感が違って、180の重みを感じます。フィニッシュミスが致命的になるケースが多く、緊張感高い試合が多く経験できたと感じてます。

その中で今回優勝したのは若手の山本貴斗選手。本人いわく「緊張感は半端なかったが、それがあまり影響せず自分のダーツが打てた」とのこと。試合後は本当に多くの方祝福され、彼にとっても強い自信になった大会だったのではないかと思います。

 IMG_5205

主催者大野さんの試合後の参加者の皆さんへの言葉。僕自身すごく共感でき、心に響いたので紹介します。

『勝って、どうした?負けて、どうした?
グットウィナー、グッドルーザーの考え方も選手として大切ですよね。
分かったようにいってみますが、私もまだまだです。人間だもの。』

IMG_5196

とくにグッドルーザーの部分は自分自身の成長を左右するうえで本当に重要だと思います。こういった考え方も発信し、若手の優勝で更なる環境づくりも期待でき、狙い通りの素晴らしい大会だったのではないでしょうか。
僕自身、参加できて本当に良かったと思ってます。

そういった主催者の思いを形にするにはお店の協力も不可欠です。今回の会場提供してくださったE-dartsさんにも感謝です。

IMG_5178

PERFECTプロのE-DARTS店長 小池誠さん

ダーツを楽しむ人たちが自らの意志で楽しもうとかレベルアップしたいと思い、それを自ら企画発信していく形は業界が発展していくうえでも重要なことだとここ最近感じています。それは僕自身ダーツの業務に携わっているからかもしれません。でも、そうでなくても何事も自発的に何かアクションを起こせる人って、それそのものを楽しんでいる人楽しみたい人だと思います。

例えば、「周りに強い人がいないから、なかなか対戦の経験ができない」と思ったときに、そう思った人とお店とが環境づくりのためにどう動くか。

「もっとこうしていきたいから、こうしていきたい」というプレイヤー(お客さん)発信の考え方をお店とプレイヤーの相互で理解するボトムアップなやり方が、良い環境づくりの一つのモデルとしてあってよいのではないかと思います。

今回開催されたP-cupは、大野さんの「切磋琢磨する環境を作りたい」というひとつの思いの発信で、それに賛同した方々が集まって形になったものだと思います。

もちろんそういったことをプレイヤー全員がやれることではないかもしれません。やれる人というのはごく限られた人かもしれません。
ですが、ダーツを長く続けていくために「やりたい」から「やらねば」に持っていかなければいけないのが、プロの役目でもあると思います。大野さんは、そういった部分もこのP-cupを通じて示そうとしているのかもしれません。

IMG_5200

また来年以降も継続で企画されているという事なので、また参加できればいいなと思っております。
参加された皆様、お疲れ様でした!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

JAPAN京都大会に参戦してきました!

12/20行われた,JAPAN京都大会に参戦してきました。
先日の雪の影響もあり、非常に寒い一日でした。会場の中でも防寒対策・ウォーミングアップの仕方が重要な要因となり、みなさんかなり苦戦していたようです。

 __ 1  

結果報告

Dx3スポンサー選手の結果です。

藤村翔太 予選:2勝2敗 Leg差0 1回戦進出
百瀬仁 予選:2勝2敗 Leg差0 予選敗退
須藤大地 予選 :2勝2敗 Leg差-1 予選敗退
片山俊宏 予選:1勝3敗 Leg差-3 予選敗退

また、愛知から参戦した小川譲司選手がDivision2の決勝で榎股慎吾選手に2-3、飯星信之選手は浴本昇吾選手に1-3で敗れ惜しくも入れ替え戦まで届きませんでした。

愛知県勢もあと一歩のところまで来れる選手が増えてきました。残りの3試合そして来シーズンには期待がかかるところ。その来シーズンですが、JAPAN2015の予定が発表されておりました。ルールがそのままでしたら、愛知は2大会ともファットブルになるのかな。

__
練習会の頻度も少し増やしつつ、愛知全体でレベルアップできればいいと思ってます。
ダーツに関わる方々からもっと注目してもらえるように頑張りたいと思いますので、今後とも応援よろしくお願いします。

今大会は、前回準優勝のTIGAの広瀬貴久選手が初優勝。そして女子はMonsterの佐々木沙綾香選手が悲願の初優勝という結果でした。おめでとうございます。

__ 5

SUPERDARTSのJAPAN枠決定!

今大会までの成績で上位4名が、3/26(木)に開催予定のSUPERDARTSに参加できる権利を得ます。結果は以下のとおり。

1位 粕谷晋
2位 鈴木猛大
3位 村松治樹
4位 野毛駿平
5位 勝見翔

この結果、THE WORLD枠の村松治樹選手の分が、5位の勝見翔選手に繰り上げとなりました。
また、ワイルドカード枠をかけてJAPAN年間ランキング5位~32位までの選手が戦うトーナメントが3/25(水)に行われます。
32位圏内の選手は、ランキング争いの残り3試合となるでしょう。注目ですね。

JAPAN-CUP開催

2日目にはJAPAN-CUPも開催され、会場に出店していたブースも多く、華やかな会場でした。

__ 3

__ 2

僕は初日のみの参加でしたが、Dx3の藤村翔太選手は2日間の参戦。また岡崎の高校生、佐藤創真選手もJAPAN-CUPに参加しました。両日参加された方はダーツ三昧でクタクタなな2日間だったことでしょう!

参加された皆様、運営の皆様、ブース出店された各メーカーの皆様、2日間お疲れ様でした。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

店内限定 ランクイン特典あり! 新ゲーム「巨人討伐作戦」

さて12/18からスタートとなった「進撃の巨人」キャンペーンの新ゲーム『巨人討伐作戦』。プレイした方もいると思いますがいかがでしょうか。

僕はやってみるまでのイメージは「アンダーザハット」のようなものかなぁと思っていましたが、どちらかというと「OUT ON A LIM」に近い感じですね。

何よりもこのゲームの素晴らしいところは、ダーツライブのゲームで、初の「みんなが仲間になれるゲーム」ということ。待ってました!ってっ感じです。

簡単にゲーム方法を説明すると、

次々と巨人が現れます。画面に出ている数字より、取った得点がを上回るか、ピッタリにすれば討伐成功です。

  __ 2 __ 3     

倒すとどんどんレベルが上がっていきます。数字も大きくなっていきます。

__ 5 __ 2

1 ターンで倒せないと、LIFEが減ります。

__ 2

ピッタリで倒すとLIFEが回復します。このLIFE回復が後半は必須になります。

__ 4

LIFEが満タンになったら、ピッタリを狙わず上回るようにガンガン行きましょう。

__ 1

最終的に何体の巨人を討伐したかがポイントです。後半になると1度に何体も出てくるので大量討伐のチャンスです!

 __ 4 __ 3

この討伐数は累計されていき、全国・店内ランキングに反映されます。

このゲームは、最大4人まで同時にできるゲームです。圧倒的に4人でやった方がミッションをクリアする確率が高まります。カードレーティングの高い人は難易度も高め。複数人プレイだと合計レーティングにより難易度にも差が出ます。

0ピッタリにするのが上手いレーティングの高めの人を引き込んでやれば、チャンスアップです!
是非みんなを誘って、巨人をバッサバッサ討伐しましょう!

そして、最後まで行くと…?! こんなエンディングも。これはラストまで行ってからのお楽しみ!!

__ 3

Dx3ではランキング特典がありますよ!

Dx3ではキャンペーン期間終了(~1/18)までの店内ランキング1位~10位にランクインした方には「進撃の巨人」オリジナルライブカード(非売品)がもらえますよ!あ、もちろんスタッフは対象外です。

__

岡崎店と一宮店それぞれの店舗でのランキングとなっていますので、是非トライしてみて下さいね!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
1 / 212

Home > Archives > 2014-12

Return to page top