Home > Archives > 2014-08

2014-08

JET岐阜大会に参加してきました!

8/3のsmashに続き、8/10はセラミックパークMINOではJET岐阜大会が開催されました。
Dx3からは岡崎・一宮店合わせて34名が参加しました。

写真 3

JETの形式は、レベルを問わずダブルスとシングルスのエントリーができるのが魅力の一つ。特にシングルスに関してはレベル分けのないガチンコシングルスで、2000円で参加できる手軽さと参加窓口の広さが良いですね。

今回の結果は、ダブルスは一宮店からエントリーした、河口・木方ペアがDivision5で3位、川原・片山ペアがDivision1で準優勝という結果でした。

 10606077_731125403591517_1887497305244073283_n 10269443_731125576924833_3078685701912154768_n

また、女子GPシングルスでは、岡崎店からエントリーした冨田貴子選手が準優勝という結果でした。

983765_731125520258172_2541200929576288609_n

おめでとうございます!

 ペアで戦うということ

ダブルスを組んでいただいたのは、PERFECTに参戦中の JOKER DRIVER DARTS 所属の川原千尋選手。
彼とはダーツで知り合ってから期間は長くはなるのですが、大会でペアを組むのは初めてのこと。

写真

名古屋のハードのリーグで同じチームメイトだったのもあり、気持ちで通じ合う部分はあったと思ってます。
しかし、今回決勝戦まで進むことができた要因は、それだけではありません。

それは、彼が「ペアの気持ちをのせるのが上手い」ということ。

大きな声でペアを鼓舞し、ミスを気にさせないポジティブな声を掛け続ける。
この心強さは、即感じることが出来ましたし、対して自分も会場で一番大きな声で返そうと思いました。

これがどれほど大事なことかを、この大会を通じ、身をもって経験させてもらいました。

先日行われた「エリアチャンピオンシップ」で東海がエリアチャンピオンを獲得しました。そのメンバーの一人であった、川原選手。全国の強豪チームを倒しての優勝の裏には、チームの声掛けの力もあったかもしれません。

「オッケー!!」
「サンキュー!」
「ナイス!」
「思い切って行こう!」
「カモン!」

などなど、自分が前向きであることがお互いに伝われば何でもいいんです。
ペアに対し、大きな声で掛けることがポイントです。

次の大会では、だまされたと思って試してみてください!

大会風景

参加されたみなさん、運営関係者の方々、お疲れ様でした。
当日の会場の風景をアップしておきます!

写真 1写真 3

写真 1写真 4

写真 1写真

写真 4写真 2

写真 2写真

写真 4写真 4

写真 2写真 4

写真 3写真 2

写真写真 3

写真 1写真 3

写真 4写真 5

写真写真 2

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

smash岐阜大会に行ってきました!

日曜日は、岐阜県多治見市のセラミックパークMINOで行われた「smash岐阜大会」に応援に行ってきました。
この時期の多治見市は全国的にも見ても気温の高い町なので、大会会場は熱気ムンムンかと思いきや、ある意味天候に恵まれ例年より比較的涼しい会場でした。

大会の方は、レベル別ダブルスとPRIDEシングルスが行われ、特典付きのサイドシュートもたくさん行われており盛り上がってました。

今回は僕は試合には出られなかったので、みんなの観戦がメイン。
自分の試合がない分、じっくりと観戦してきました。

  __ 5__ 1

Dx3からは岡崎と一宮合わせて10組がエントリーし、その中で、Level5で岡崎店からエントリーの杉田・高柳ペアが準優勝しました。

試合は、予選しか見れなかったのですが、杉田選手は持ち味の高いシュート力で、高柳選手が安心してトライできる状況を作ってあげていました。
高柳選手にとって、ダーツの大会に出始めてから初めての入賞。杉田選手を上手くアシストし結果に結びつけました。
優勝ではない悔しさもあるとは思いますが、2位でも二人にとって自信になったのではないかと思います。

おめでとうございます!

____ 1

 応援が生み出すプラス

今回Level1でエントリーした、岡崎店の高倉夫婦ペア。最近岡崎店の方で練習をがんばっている二人なんですが、ラウンドロビン初戦で一宮店のペアと対戦し勝利。

__ 3

同じロビンで店舗の違うDx3のお客さん同士の試合となった訳ですが、負けた山畑・加藤ペアは、そのあとの高倉ペアの試合をしっかり応援してくれていました。ライバル意識と仲間意識が切り替かわる瞬間が、観ていて気持ちよかったです。もちろん大会で初めて会った両ペアですが、対戦を通じて仲良くなり応援しあえるのは、なかなか出来ることではありません。
大人として、スポーツの試合としての気持ちを忘れず、ちゃんと大会を楽しんでいる証拠ですね。何より、応援してもらった側はちゃんとその心強さを感じているはずです。

逆に、応援していた山畑・加藤ペアについて言えば、負けて不安になったり腐ったりするより、応援するということで気持ちの切り替えができる、気持ちに余裕がある人に見えます。

人を応援するということが、「自分にとってもプラスを生み出す」ということを、プレイヤーの皆さんには感じてほしいです。

__ 2

2組とも今回の結果は残念でしたが、個人的にはそういったマナーを守る気持ちやフェア精神の高いプレイヤーは今後も応援したくなります。どちらもきっと魅力あるプレイヤーに育ってくれるでしょう。期待してます!!

そして、今週末は同じ会場でJET岐阜が開催されます。
僕も出場するので、楽しみです。参加される皆さん、がんばりましょうね!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2014-08

Return to page top