Home > Archives > 2014-07

2014-07

阪神ダーツトーナメント・JAPAN兵庫に行ってきました!

 __ 3  __ 1

先週の日曜日は、神戸国際展示場にて阪神ダーツトーナメントとJAPAN兵庫が開催されました。
一般エントリーの大会、「阪神トーナメント」へは、Dx3からは3組参戦しましたが、なかなか思うようなダーツが打てず3組ともラウンドロビン敗退。

Dx3スポンサー選手のJAPANの成績は、
須藤 大地 1回戦進出
藤村 翔太 1回戦進出
片山 俊宏 予選敗退
松藤 一馬 予選敗退
百瀬 仁 予選敗退

という結果でした。

また、JAPANは粕谷 晋選手、焼山 理恵選手が共に今季初優勝。東海勢では藤井大輔選手、勝見翔選手がJAPAN16入りを堅守しました。

 ダーツと旅行をセットで楽しむ

3時間かけて大会に神戸まで来て、2時間で大会が終わるという残念な結果となってしまったので、一般参加の皆さんは、当日受付のシングルストーナメントにみんなエントリー。

しかし、これがなかなか進行が難しいのか、待ち時間が長いのなんの。試合が始まるころには、待ち疲れてしまった方が多かったようです。遠方組にはちょっとしんどかったですね。

みんなで少し遠くの大会に出るというのは旅行気分も味わえて、ダーツの楽しみ方の一つとしては良かったのではないかと思います。可能であればコンディションを整える意味でも、前日から移動し、ダーツバーめぐりをして、翌日大会に参加して帰ってくる「1泊2日ダーツ三昧な旅」みたいなものを企画するのも楽しいかもしれません。

__

行きの途中のサービスエリアで朝食

今は近場で大会が多いのでなかなかそういった企画を立てるところは少ないかもしれませんね。10年前は、全国でも参加できる大会が少なかったので、よくみんなで遠征してました。
いつだったか、大会エントリーを近隣店舗の協力も含めて40名程集めてバスをチャーターし横浜までみんなで日帰り遠征したこともありました。日程的にはきつかったですが、大勢で行く楽しさもあり、誰も運転しなくてよかったので、移動時間をみんなで楽しめました。

ダーツと旅行と分けて捉えるというか、その遠征そのものが楽しかったのは覚えてます。そういう楽しさがあったから今の自分があるかもしれないです。あえて遠方の大会に出る計画を立ててみるのもいいかもしれませんよね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

新構造!! 【Harrows】 CLIC(クリック)

先日 【Harrows】から、全く新しい『成型フライト』&『専用シャフトが』発売されました!!

その名も、CLIC(クリック)♪
10434342_731075480288056_3898830677058706636_n
ネットで見た方やPHOENIXのマシンで流れるCMを見た等で、話題になってます。
既に岡崎店・一宮店ともに店頭に並んでますが、「全然外れない」「丈夫」など好評ですね。

clicフライト
(価格)¥540(税込)
(形状)シェイプ
(カラー)ホワイト・ブラック・クリアホワイト・レッド・ブルー・ピンク全6色

clicシャフト
(価格)¥540(税込)
(形状)スリム
(サイズ)ショート23mm・ミディ30mm・ミディアム37mm
(カラー)ホワイト・ブラック・クリア・レッド・クリアブルー・クリアピンク全6色

※カチリと音がするまで、しっかりと差し込んでください。フライトが固定されると回転します。
※フライトの回転を止めたい時はOリングを使用してください。(Oリングは付属しません)

使ってみた感想は、
装着が簡単!全然フライトが外れない!フライトはかなり丈夫そう!シャフトも折れにくそう!という感じです。
Oリングを使って、スピン→ロックというのもおもしろいですね。個人的には良さそうです。
価格もシャフト・フライトともに¥540(税込)と買いやすい金額ではないかと思います。

 

ただ買う時に注意すべき点がシャフトの長さ!
ショート23mm・ミディ30mm・ミディアム37mmの3サイズですが、フライトの付け根が少し出ているので、
セットした時の長さが、LAROやLシャフト・FIT等の表記と違います。

なので今回は、同じ様に成型フライトのメーカーさんと比較して、近い長さを書いてみました。(フライトはシェイプ)
買う時の参考にしてください♪

clic【サイズ】ショート →シャフト+フライト(ネジ含まず)=約67㎜
・「L-style」260シャフト=約67㎜
・「FIT(GEAR)」3番シャフト=約67㎜
・「CONDOR」サイズM=約68㎜

clic【サイズ】ミディ →シャフト+フライト(ネジ含まず)=約74㎜
・「L-style」330シャフト=約74㎜
・「FIT(GEAR)」5番シャフト=約74㎜
・「CONDOR」サイズL=約74㎜

clic【サイズ】ミディアム →シャフト+フライト(ネジ含まず)=約81㎜
・「L-style」370シャフト=約78㎜、440シャフト=約85㎜ということで、370と440の間。無いサイズですが数字でいえば400ですね。
・「FIT(GEAR)」7番シャフトで=約81,5㎜
・「CONDOR」該当サイズ無し。

その他分からないことはSTAFFに聞いて下さい。

今後シャフト・フライトの形とか、柄とかも増えていくかもですね!!
10538609_1494403557443018_7360990734157738864_n10527664_1491911237692250_576853340626139930_n10458843_718866988175572_5342733854804448443_n10300645_719982444730693_4180894807987730464_n

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

TIGA GP & JAPAN愛知大会に行ってきました!

 
先週の日曜日は、名古屋にて「TIGA GRANDPRIX」と「JAPAN愛知」が開催されました。

__ 4 __ 1 

TIGA GRANDPRIXにDx3からは2店舗合わせて38名が参加し、一宮店からエントリーした小川・小原ペアがAフライトで準優勝、同じくAフライトで村田・野口ペアが3位という好成績を残しました。

__ 2

Aフライト 準優勝小川・小原ペア

__ 3

Aフライト 3位村田・野口ペア

また、Dx3のサポート選手のJAPANの結果は、以下の通りでした。

片山 俊宏 4回戦進出
須藤 大地 1回戦進出
藤村 翔太 1回戦進出
原田 剛 1回戦進出
百瀬 仁 予選敗退
舘林 寛幸 予選敗退
松藤 一馬 予選敗退

そして、同日に開催された「TIGAユース(U-19)」の試合では、佐藤創真選手が優勝しました。
昨年に続く2連覇です。おめでとうございます!

今年に入ってからは、春のMJトーナメントに続きシングルスのユースの試合では勝ち続けてます。
近日開催されるDARTS LIVE U-22シングルストーナメントでは、どこまで戦えるかが楽しみです。
是非、AKBと戦っているところが観たいです。

皆様、応援よろしくお願いします。

10500429_256222557900718_5058885948841071364_n

写真は、香港のTIGAプレイヤー、マサ選手との優勝記念撮影。
昨年Dx3で対戦以来の二人。今の年代からダーツを通じて海外の選手と仲良くできるなんて羨ましい限りです。
ダーツ以外の部分でもきっと佐藤選手、マサ選手にとっての人生経験としてプラスになることでしょう。

応援の力

総参加人数が1600名を超え、来場者数を含めると約2000名程のBIGトーナメントとなった今大会。プレイヤーの皆さんにとっては、知り合いや仲間が多く観戦・応援があったのではないでしょうか。

僕が試合をしていて感じたのが、県外の試合に比べてホントに多くの声援があったこと。
地元開催なので知り合いが多くいるのも当たり前かもしれませんが、言いたいのは、この声援というのがすごい力になったという事です。
そして、負けた時の悔しさは、その声援に応えることができなかった悔しさでした。情けないというかなんというか…。

調子がどうだったとか、相手が誰だったとか、いいダーツが打てたかどうか、そんなこと問題じゃないんです。

ただ、期待に応えられんかった、それだけが悔しいです。

__

応援してもらえるということは、すごく幸せなことです。
ですから自分も応援しなければと思いますし、周りも取り込んで応援しようと誘います。

でも応援しているプレイヤーが負けてしまったとき、そのプレイヤーはきっと僕が感じたように悔しくて情けなくて、けどありがたい複雑な気持ちになるんだと思います。

でもそれがいいんです。その悔しさは、きっと未来のエネルギーになります。

 __ 3

Dx3のみなさんを応援して下さった方々、心から感謝してます。
自分自身としては、これからもっと期待に応えられるよう努力していきたいですし、応援し続けてもらえるよう、周りを応援していきたいと思います。

これからも一緒にがんばりましょう!!

大会風景

__ 3__ 1 __ 2__ 1__ 3__ 2

 

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
1 / 212

Home > Archives > 2014-07

Return to page top