Home > Archives > 2013-07

2013-07

勝率アップ?! 01のアレンジの思考回路

前回のブログでお話ししたアレンジの話。あのブログ以降、残り2本で37のダブルアウトをどう攻めるか、についてお店のお客さん達といろいろお話しました。

(「37のダブルアウト 残り2本でどう打つ??」http://www.d-d-depo.jp/blog/unclassified/3659.html

正解はこうでしょ?といわんばかりに「S7-D15」「S13-D12」「S1-D18」などなどいろいろ出てきましたが、一番多かった話が「S5-D16 じゃいけないの?」という質問でした。

もちろんOKです。ダブルアウトに持っていくために偶数にする。そのために何点とって、いくつ残りにするか。その選択は自由だと思います。

セオリーを知っておこう

ブログの中で言っていた、「ベストアレンジ」と思っていた32残り。そもそも、僕が残りを32に持っていく理由ですが、これはD16を狙ったときに内側のシングルに外しても偶数、つまりダブルアウトが可能な数字が残るからなんですね。

さらに残った16という数字もすぐ近くのD8を狙いやすいですね。さらにさらにまたまた内側に入って8が残ってもD4、同じ考え方でD2、最終的にはD1まで5段構えでダブルを狙えるおいしい数字なんです。

すぐ左上にD8があるので16が残っても合わせやすいんです!

すぐ左上にD8がある

 

ところが、例えば26という数字はD13でフィニッシュできますが、内側のシングルに入った場合は13という奇数になってしまうためダブルアウトが出来なくなります。 そのため数字を合わせるために新たに1本使ってアレンジしなければいけなくなります。

26をD13トライ。内側に外すと13なので」ダブルが出ない。

内側に外すと13なのでダブルが出ない

 

これが10とかになるとD5を狙って5が残った時のアレンジにかかるプレッシャーは想像すると嫌じゃないです??

出来るだけ大きな数字で出来れば3段構えぐらいの数字を残そうと思うと、40、32、24あたりを目指してアレンジするのがスタンダードでしょうか。これはソフトのマスターアウトでも使えますので知っておくと良いと思います。

しかし、これはあくまでセオリーの話。セオリー通りに行くならばという話ですよね。僕が言いたいのはコレじゃないんです。

37のダブルアウト 残り2本でどう打つ??

一つの例として挙げさせてもらいましょう。絶対に上がらなければいけないラウンドでの残り2本という場面で、こういう思考回路はどうでしょう。

①残りが37。(状況の確認)

②セオリーで行くならば32残りにアレンジ (選択肢がこれしかないのがダメだと怒られた)

③外せば付近は偶数なのでダブルは出ない。(この知識も重要)

④しかし、技術の足りない僕がキッチリS5に決める確率はそんなに高くない。(自分の精度との相談)

⑤ならば奇数のかたまっている7~17のエリア付近に打ってアレンジする。(区切られた数字ではなく、エリア)

 ↓

⑥残った数字をダブルでフィニッシュ

7・19・3・17と奇数が並ぶエリア。

7・19・3・17と奇数が並ぶエリア

 

試合で使えるかは練習で試してから

特に初心者の方はグルーピング精度が低いためこういった考え方の方が勝つ確率もアップするのではないでしょうか。クリケットでもたまに初心者の方に「1付近を狙って!」と20と18どちらにも入っていいように指示する場面を見かけますが、その考え方と同じですね。

こういう考え方は試合中に思いつくものではなく、練習によってもしくは人から教えてもらって気づくものだと思います。それを練習で試して、試合で使えそうかどうかを吟味しておく必要があります。

練習中にもしそんな場面があれば試してみてください!試合で使えるかどうかはその感覚次第ですからね。

必要不可欠!?チップケース特集♪

「どんなのがありますか?」「どれが便利ですか?」
「何使ってますか?」‥など、
よくショップで聞かれる、チップケースについて。

↓↓↓↓↓↓↓今回は色んなチップケースを一挙紹介!!↓↓↓↓↓↓↓

ULTIMA DARTS【チップケース Colorful

pr_603
【本体サイズ】縦約93㎜(カラビナ除く)×横約30㎜
【価格】¥980-
http://www.d-d-depo.jp/ultima/tipcase_colorful.html
名前のとおりカラーバリエーション豊富なTipCaseです。
外蓋はマグネットにて固定されてますので、スムーズな素早い着脱が可能です。
Tip補充時は内蓋を外すことにより、簡単に補充が出来ます。
色が綺麗です。僕自身もケースにぶら下げて使っていますが、
マグネットで上下がくっついているので、チップの取り出しが引っ張るだけで簡単です。
あと、友達やダーツ仲間と一緒に買って、上下を入れ替える事も出来ちゃいますよ♪
↓↓下の画像が、僕が実際に使っているものです。↓↓
写真.JPG712

TRiNiDAD【アルミチップケース

TRI-AC-ATBK
【本体サイズ】縦約65㎜(カラビナ除く)×横約23㎜
【価格】¥500
http://www.d-d-depo.jp/trinidad/acc_alumi_tipcase.html
TRiNiDADアルミティップケースティップは約30本収納可能です。

ティップ以外にシャフトや小物も収納OK!
黒&赤の2色あります。丈夫で壊れにくいし、
チップ以外にシャフトを入れて使っている人もいます。
L-styleのシャフトなら370、FitシャフトGEARなら6番まで入りますよ。

AZZAROチップケース

AZA-TC-sample
【本体サイズ】高さ75mm×縦35mm×横25mm
【価格】¥980-
http://www.d-d-depo.jp/azzaro/tipcase.html
【素材】表面/メッシュ(内面/ナイロン)
日本製のコンパクトなチップケース。
約7cmのコンパクトサイズですが、収容力は抜群です。
色数も多く、メッシュ素材で出来ているので、もちろん壊れにくく、
他のチップケースと比べて軽いです。
これも僕は使っていますが、シャフトを入れて使っています。
収納力抜群で、Dx3で扱っているシャフトはすべて収納可能です。
写真.JPG7122

アクリルチップケース

D3-TPC-900
【本体サイズ】高さ66mm×縦29mm×横40mm
【価格】¥380-
http://www.d-d-depo.jp/d3/tipcase_acrylic.html
強度と透明度の高いアクリルを使用したコンパクトなチップケース。
値段も手頃で、種類も多いですが、アクリルということで、ほかのチップケースに比べ強度は落ちます。
デザインは、名刺サイズの紙が入っているので、
自分の名刺やお気に入りのデザインの紙を入れればオリジナルチップケースが出来ちゃいます♪

DMCの小物ケース【DMCチップケース

dmc_tip_case_01
【価格】¥300-
http://www.d-d-depo.jp/dmc/dmc_tipcase.html
Acute Lipなら30本収納する事が可能。
Tipやその他小さいパーツ入れにどうぞ。
小さい物をお探しの方はこちら。
リング等を入れてもいいですね。

TRiNiDAD【ボード型ティップホルダー

TRI-AC-BTIP
【本体サイズ】直径約36mm×厚さ約9mm
【価格】¥600-
http://www.d-d-depo.jp/trinidad/acc_tip_holder.html
ダーツボードデザインの予備ティップを持ち運びできるティップホルダーです。
裏面は、TRiNiDADのロゴが入っています。
ゴム素材でティップの先端がちょうど刺さる穴が10個あいています。
しっかり刺さるのでティップが落ちる心配はありません。
キーホルダータイプなので、お気に入りのダーツケースに付けたり、キーホルダーとしてお使いいただけます。
見た目で惹かれ買って行く人が多いです。

TIGA DARTS【ブルサウンドチップケース

TIGA-AC-BSTC
【本体サイズ】直径約55mm×厚さ約20mm
【価格】¥1,280-
http://www.d-d-depo.jp/tiga/acc_tipcase_bull_sound.html
遊び心と機能性を併せ持つユニークデザイン。
中央のサウンドボタンを押すとブルの音が鳴り響く!
つい押してしまう遊び心の溢れるチップケースです(最大10本のチップを収納可能)。
カラビナ付きだからベルトやダーツケースに装着したり自由なスタイルで持ち運びできます。
穴の数やインナーブルのサイズに至るまで、ソフトダーツボードを忠実に再現したこだわりのデザインです。
上の【ボード型ティップホルダー】と同じく、チップを刺して持ち運びの出来るタイプ。
BULLの音でイメージトレーニングが出来る!?

チップホルダー】(2BA or 4BA)タイプ

UL-AC-0011UL-AC-0014
【価格】¥1,600-
http://www.d-d-depo.jp/ultima/tipholder.html
これも見た目で惹かれて買って行く人が多いです。
2BAタイプなら、シャフトを着けて持ち運ぶ事も可能です。
チップorシャフトが9本持ち運びできます。

デザインの違いで【チップホルダー type BULL】もあります。UL-AC-0015
【価格】¥1,800-
http://www.d-d-depo.jp/ultima/tipholder_bull.html
チップorシャフトが7本持ち運びできます。

JAPAN愛知&TIGAグランプリに参加してきました!

__

7/6・7はポートメッセ名古屋でJAPAN愛知・TIGAグランプリが開催されました。非常に暑い中でしたが、参加されたみなさん、そして運営スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした。

結果の方ですが、今回もDx3のJAPAN組はなかなか良い結果に恵まれませんでした。

ですが個人的には、非常に価値のあるステージでした。JAPANステージ優勝の経験もあり、昨年の年間ランキングTOP16以内の松本篤選手や藤森主税選手、そして今回ベスト4に入った朝倉聖也選手など、有名実力のある選手と対戦し今の自分の力でどれだけやれるのかを試すことができました。

__

端的に言えば、「勝負の世界は何があるかわからない」ということ。常にチャンスがあるし常にそれを狙ってないといけない。気持ちに隙があると相手には伝わります。そこを突かれます。

そして練習と試合は全く別物なんで、前日までどんだけ悪くても当日掴むこともあるんです。それがよくわかりました。

日々の練習に、いい意味で裏切られたステージでした。

2日目はTIGAグランプリ。ダブルスに関しましてはDx3から入賞者はありませんでしたが、途中の試合を見ていて随所に好プレーが見れて、みんながんばっているのが伝わりました。

シングルスはユースで佐藤創真選手が優勝いたしました。試合を見ていた方には伝わったと思いますが、終始気持ちの入ったダーツでした。まだ高校生。若い選手ですが見習う点が多い選手です。

おめでとうございます!

写真

今大会は地元愛知での大会でしたので、よく知っているお客さんで観戦に来られる方も多くいらっしゃいました。特にJAPANではDx3のユニフォームを見掛けて、応援しに来てくれたという方もいました。Division2の決勝は本当に心強かったです。ありがとうございました。

Dx3でプロで頑張っているもしくは、新たに参戦する予定の選手の皆さん。応援してくれる人がいることを忘れてはいけないし、みんな常に次に期待してくれてます。がんばりましょうね!

また大会に出たことがない方も多くいる一宮店ですが、今大会は観戦にきていろいろ見て楽しんでくれたみたいです。中には「次は大会に出てみたくなった」という声も聞けて少しずつですが一宮店のダーツ熱も高まってきております。

来月行なわれる「GRIP CUP(豊橋)」と「JET岐阜」、9月の「DJO岐阜大会」のエントリーを岡崎店・一宮店にて受付中です!

 またみんなで参加しましょう!エントリーお待ちしてます。

【大会風景】

__

大会初参戦の潤君。楽しんでましたよ!

__

がんちゃんとこちらも初参戦のマサポン。

__

最後までシングル戦を勝ち残っていた翔君。惜しくもベスト8。

__

このペアもなかなか良かったです。まるさん、いい仕事してました!

__

参加されたみなさま、お疲れさまです!

 

 

Home > Archives > 2013-07

Return to page top