Home > Archives > 2012-04

2012-04

第7回 シングルス総当たり戦 結果

先週の日曜日はシングルス総当たり戦でした。

 

12名の総当たり戦を制したのは、10勝1敗の舘林選手。ここしばらくの不調から抜け出せそうな予感の優勝でした。先週のJET静岡に続き好成績を残しているので是非とも自信をつけて今後につなげてほしいものです。

また、同じ10勝1敗のわずか3レグ差で佐藤創真選手が準優勝でした。そして、先日JAPANプロライセンスを取得した近藤秀和選手が3位、JAPANレディースプロライセンスを取得した谷口貴子選手が4位と続きました。5/19のプロ初戦となる「JAPAN stage3 in 愛知」が楽しみです。 

ここ数回は12名で定着しており、毎回ほぼ募集して一週間以内に定員に達してしまうイベント。初参加は1名、中には名古屋からの常連さんもいます。

次回は6月に開催予定です。日程詳細は決まり次第店内にて告知いたしますので、参加をご希望の方はお早めにお問い合わせくださいね!

 

感覚のヒントを得るバレル

みなさんは、「今現在メインで使用しているバレル以外のモノを投げた際に、ふと何かを掴んだ」という経験はありませんか。

僕自身も今まで何度か、一時的に投げたバレルで不調から抜け出したり、感覚のヒントを得たりといった経験はあります。ずっと同じものを触れ続けて感覚が麻痺していたり、惰性で投げてしまっているところに新しい刺激を与え、良い感触が得られたパターンでしょう。

「このダーツを投げれば調子が戻る」など、思い込みともいえる本人にしか分からない感覚も現に存在するとも思ってます。うまく利用すれば良い状態を保つ手段になるのではないかと思うのです。

サブバレル。僕がかつて良い感覚に出会えたバレルをいくつか紹介します。

TRiNiDAD Duran1 ¥9800-

こちらは全長が30mmという超ショートバレル。発売当初、斬新なデザインに目を奪われ、メインでRASETSU2を使用している時にふと飛ばしてみたもの。これで親指と人差し指の2本で飛ばす感覚を初めて感じました。2本でバレルを支えれば手首を柔らかく自然に返せるんだ、とバレル考案者の松元大奉選手のスローを見て感じたのを覚えてます。

D8 ステンレスバレル ¥2800-

画像はDMC Maverickですが、ステンレスで出来ているのでバレル単体で約8gで形状はタングステンモデルと全く同じ形のダーツ。他にもD8の中だけでも15種類あります。発売当初は「10gダーツ」と言われ、この軽いものを投げて感じたのは「どんだけ無駄に力入れて飛ばしているんだ!」ということでした。名古屋のトッププレイヤーがキレイに飛ばしている所を目の当たりにし、きれいに飛ばしたいと練習したものでした。力を抜く感覚はこのバレルから得たものです。

S4 Junky ¥6800-

こちらは、最近出たモデルで画像を見てもらうとかなり独特な形状をしているのがお分かりいただけると思います。グリップする場所は大きく窪んだ部分より後ろを親指と人差し指に乗せる感じ。これはまさに僕本人にしか分からない感覚かもしれませんが、グリップした時に親指の座りが良くてふっとグリップの力が抜ける感覚があったんですね。乗せる感覚を強く感じれるので、余計な圧力はかけなくていいと体が判断したのだと思います。それが印象に強く残ってて時々投げてみたい衝動に駆られるバレル。

感覚に刺激を与える

僕は今メインで使用しているバレルはUltimaDartsの雨四光ですが、時々そうやっていろんなバレルを試し投げして指先の感覚に刺激を与えるようにしています。

試投してみて「おっ!いいぞ!」と思い、今のバレルを変えるか迷うプレイヤーさんも多いと思います。「その感覚が一時的なものかも。だったらもったいないし。」って思いますしね。ですが、それでも一時的に感覚を取り戻せるアイテムを持っているだけで、安心材料になるんですよね。

サブバレルには低価格で特徴の強いの物がオススメ

最近は低価格で品質も向上してますし、デザインも豊富です。予算は少し低めに設定したサブバレルという考え方でバレル選びをしてみてはどうでしょう。

例えば「なんか今日は力むなぁ」ってときに、Junkyのようなバレルをすっと飛ばしてみるんです。それで感覚を取り戻すときもありますし、イマイチって思うときもあります。

ダーツは理論だけではなかなか上手くいきません。感覚という部分は大きいと思います。個人的にサブバレルとして利用するダーツには特徴が強く感覚が残りやすいものがオススメです。ずっしり重いタイプ(17g以上)のダーツやノーグルーブ(カットレス)バレル、ロングバレル(44mm以上)などが特徴が強くハッキリしていて良いと思います。

サブバレルの有効な使い方次第で、新しい感覚を掴むチャンスも広がり、さらにレベルアップを図れるかもしれないと思うわけです。

ショップには試し投げ用のダーツがたくさんあります。みなさんの”感覚遊び”の参考にしていただければ幸いですね。

JET静岡大会に参加してきました!

4/15(日)は静岡県の清水マリンターミナルで開催された「JET in 静岡」に参加してきました。

JETに参加した印象

JETトーナメントはイベント性の高い大会で、非常に気楽に参加できる大会、という印象を受けました。

大会中に行われるお楽しみ抽選会や入賞者への表彰式をしっかり行なう事、そして一日のトーナメントシーンを編集して大会閉会式にで巨大スクリーンで放映する演出など、ダーツで入賞した人だけではなく全員が”大会に参加した”という実感を持つことができ、初心者の方でも参加しやすい大会だと思いました。

シングル戦参戦者の増加

今回はDx3のエントリー者12名中8名がGPシングルスにエントリー。特に、シングル戦の結果は、いい意味での今後のモチベーションへの影響や、目標変更になるはずと思っています。チャレンジする人が増えてきていることは良いことだと思いますし、レベルの底上げがうまくいっていると思います。

その中でも、原田選手と堀越選手がそれぞれシングルス初挑戦しました。ダブルスとは違い自分の実力がハッキリ評価されると同時に、ダブルスの難しさがより実感できるはずです。新しい経験で今後もよりレベルアップをめざしてがんばって欲しいものです。

シングルス初参戦の原田選手

同じく初参戦の堀越選手

大会結果

今回は好成績を残した人が多く、非常に満足度の高い大会となりました。Division4 で3位となった柴田・岩村ペアはまだ大会数回目の参加で初入賞!素晴らしい成績だと思います。

以下、Dx3からエントリーし入賞した方々です。

Division1 優勝 大嶺 翔・水崎 誠也
Division1 3位 片山 俊宏・舘林 寛幸
Division4 3位 柴田 卓也・岩村 知彦
GPシングルス 3位 須藤大地

おめでとうございます。

そして大会に参加されたみなさん、お疲れ様でした!

 

おまけ (大会フォト)

最近のアップ中のみんなの流行?! 利き肩出しルック。

  

楽しそうなこのペア。こう見えて試合中。いいコンビです!

 

「ありがとうございます!」須藤大地、準決勝進出!

 

チーン…。

 

表彰式のシーンと入賞者を表示してある巨大スクリーン。演出が素晴らしかった!

 

ASUKA DARTSの竹本絵美選手。女子GPシングルス優勝おめでとうございます!

 

DARTSLIVEエリアプロ、sumiyo4さんこと横山佳祐選手。

 

このペアで、JAPAN CUPでリトライします!

 

 

 

1 / 212

Home > Archives > 2012-04

Return to page top