Home > 未分類

未分類 Archive

グリーンのインナーシャツ

片山です。

歴史的なトーナメントが閉幕して一夜明けました。あらためて、村松治樹選手、優勝おめでとうございます。

今大会、ユニフォームのインナーにグリーンのシャツを身につけて挑んだ村松選手。故 橋本守容選手のイメージカラーを身にまとっていたことは、優勝コメントで伺えましたよね。

ここで、最近ダーツを始めた方のために、少し橋本選手と村松選手の過去の対戦についての話をしたいと思います。

2009〜2012年辺りまで、当時行われていた日本最高峰と言われていたビックトーナメント「burn japan tour」において、橋本選手は4連覇を成し遂げました。当時絶対王者と言われていた中で、村松選手とも決勝で幾度も対戦し全て橋本選手が勝利していました。

そして2011年には今回と同じ舞台である「SUPER DARTS 2011」”王者の証明”というサブタイトルがつけられた大会が開催され、決勝で2人は対戦しており、橋本選手が勝利しています。

「逆山に橋本(選手)がいなかったのでいけると思いました」

のコメントに、日本中で笑いと感動と心からの祝福の声が上がったことと思います。

そして、そのコメントを聞いて「(インナーシャツについて)予想はしていたけどやっぱりそうか!」と思ったと同時に、本人からその言葉が聞けるシチュエーションをどこか期待していたので、とても感動的でした。フィルテイラーを倒すメンタルを支えたのは橋本選手の力もあったよなって思いました。

そして今大会の優勝に橋本選手の影を感じたというシチュエーションをもう1つ。

これも最近ダーツを始めた方は知らないかもしれない話です。

2008年に開催されたburnというトーナメントの準決勝。当時、最強と言われていた橋本選手を相手に猛烈な追い上げを見せていた江口祐司選手。

衝撃のシーンは4レグ目に起きました。

橋本選手は、そのラウンドで残りBULL2本と17シングルを決めれば決勝進出という場面。BULL BULLの後、まさかの17シングルをミス。

そして江口選手がそのレグと最終レグもとっての逆転勝利。その江口選手は、burn 2008を制覇したという印象深い大会があったのです。

今大会の準決勝のポールリム戦のファイナルレグ。ポールが15シングルを外した瞬間、あの17シングルを外した時の橋本選手の記憶が蘇ってきた人もいたのではないでしょうかね。

あのグリーンのインナーシャツは、村松選手にとっての最強のお守りだったんだと思います。

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

スチールダーツの楽しみ方いろいろ

片山です。

先週の日曜日に、D×3一宮店からすぐ近くの会場にて愛知DOという団体主催するスチールトーナメントが開催され、参戦してきました。

全国から170名の参加で、愛知の開催で過去最高の人数。

 

多いのか少ないのかは、何と比べるかによって違います。スチールってそんなにやる人いるんだ!って思った方もいるかもしれませんし、ソフトの大会と比べて少ないなって思う方もいるかもしれません。また、他の分野のイベントと比べてみると、まだまだなのかなとも思います。

現状はさておき、このスチールダーツの大会に参加している人たちの中に、ソフトダーツから始め、これからスチールもやってみたいと思っている方も少しずつ増えてきているように思いました。

しかし、さらにその下には、ソフトをやっていてスチールもやってみたいけど、なんせ計算が難しいとか、スコアラーが怖いとか、こういった人の数が増えているように思うんですね。

一昔前の、ダーツは敷居が高くてやりづらいというのが、今はスチールダーツに対してそう思う人たちがいるように感じます。

マシンの普及によって間口が広がって人口が増えていったと思うので、スチールダーツの環境を整えていくことで、まだまだ広がる余地がありそうだなと直感的に思ってます。

スチールは「流れ」を理解すればすぐ出来ます。

スコアの書き方もちょっとやればできるようになりますし、ちょっとしたマナーやルールを覚えれば、ダーツをやったことある方ならすぐに出来ます。

あと、

やるだけでなくて、世界のダーツの試合を観て楽しむことができるようになります!

これがもしかしたら1番の魅力かもしれない。

僕も最初は試合展開について行けなすぎて、観ていてもよくわからなかったです。でも、スチールはトータル的に難易度が高いことを実際にやって肌で感じると、世界のアベレージの高さ、合理的な打ち筋、飛ばし方の技術などの神業っぷりに感動できます!

少しずつ観戦する目のレベルも上がってくると、今はネット上にたくさん動画がありますから、楽しみもたくさん増えると思いますね。

もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、神戸ではスチールダーツのWDF ワールドカップが行われており、ソフト界でもお馴染みの選手が日本代表として参戦しております!

一部の試合ですがYouTubeにて生中継が行われるようですので、時間のある方は一度観てみてはいかがでしょうか。

Live Stream

「自分で計算しながらやるって何が楽しいんだ?難しいだけじゃないの?」って思う方もいると思います。

その答えは、「難しいし、自分で計算するから楽しいんだ!」って僕は思います。

観る方も、パッと画面に点数など結果が表れないからこそのコーラー(点数をコールする人)の存在感や、入ったか入ってないかを人の目で確認するまでのあの一瞬の間というか、スチール独特の空気感がたまらなくドキドキするんですよねー。

んー、やっぱ伝えきれない。笑

まずは、スチールのプレゼンっぽい体験会やるところからですかね。

 

あと、愛知県では10/14・15の2日間で、スチールダーツのトーナメントが開催されます!

近隣の方で参加してみたい方は、スタッフまでお問い合わせくださいね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

30秒ルールとタイムアウトの適用について

片山です。

先日のJAPAN北海道の決勝戦を中継で観戦してました。

最終レッグ、クリケットの村松選手の6R目は30秒を超過したため(注1)スコアが無効となったシーンがありました。

このラウンドでの全て(108点の加点とbull1本)が無効になったことで、村松選手が絶対絶命の展開に。

その後、両者がタイムアウト(注2)を1回ずつ取るシーンがあり、勝負はBULL1本を争う展開に。

最後の1本までもつれた試合を制したのは村松選手でした。

注1:前選手がプレイエリアから出てから、30秒以内に1スロー(3投)を終わらせなければならな い。それを過ぎた場合はそのラウンドのすべてが無効となる。

注2:選手は1レッグで1度タイムアウトを取ることができる。審判に宣言することで有効となりこ の場合時間が一時中断される。タイムの時間は1分とし、それを過ぎた場合はそのラウンドのすべてが無効となる。

※「SOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPAN プロ規程」より一部抜粋。

 

JAPANのルールの中で、上記のような試合の進行に関わるルールがあります。

決勝をリアルタイムで観ていた方の中には何が起きたのかわからない方もいたのではないかと思います。

正直、僕自身タイムアウトに関しては認識不足な点もあったので反省。改めてルールを見直すきっかけとなりました。

30秒ルールのジャッジは微妙な判定になるケースも多いと思いますし、今回のように勝敗の行方を左右するシーンになる場合もあると思います。

審判の際には展開と秒数の表示をしっかり観ておかなくてはいけないですし、選手からのアピールに対してしっかりイエスかノーかのジャッジできなければいけないと思います。

審判に与えられた権限ですから、だからこそしっかり責任を持って観ておかなくてはいけないですね。

選手・審判共にルールをしっかり把握し理解しておく必要性を改めて感じた決勝戦でした。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
1 / 1512345...10...最後 »

ホーム > 未分類

Return to page top