Home > 商品レビュー

商品レビュー Archive

A MAN of ULTRA

片山です。

突然ですが、ウルトラマンをモチーフにしたブランドがあることをご存知ですか?

「A MAN of  ULTRA」といって、アクセサリーやシューズだけでなく、娯楽用品やビジネスグッズなど、ウルトラマンキャラクターをモチーフとしたグッズがいろいろと出されているんです。

 

ウルトラマンっていうキャラクターが、いわば子供向けのイメージがありますが、このブランドのターゲット層はウルトラマンを観て育った大人達なんです。

グッズ全般的にシックな感じで、ウルトラマンをそんなに主張しているわけではないが、どこか雰囲気を醸し出しているといった感じ。価格帯もまあまあ高め。

オフィシャルサイトがこちら。  https://aman-u.jp

その「A MAN of ULTRA」から、趣味グッズとしてダーツが発売されているんです。

ウルトラセブンとゼットンモチーフのダーツセット。いずれも¥21,600(税込)

「A MAN of ULTRA」のグッズを買い求めるファンの中から、これをきっかけにダーツを知ったという人が出てくるかもしれませんし、バレルの形もそういう人が使っても使いやすそうなシンプルデザインです。あと、限定DARTSLIVEカードが付いているのもダーツファンには嬉しいですね。

「A MAN of ULTRA」のコンセプトとして【日常の世界にウルトラマンを】というのがキーワードとなっているのですが、ダーツがファッションやビジネスグッズなどと肩を並べて「日常の娯楽の品」として、販売されていることが、すこしづつダーツが世間へ浸透しつつあるようにも感じます。

店頭に試投できるサンプルダーツがありますので、気になる方は是非投げてみてください。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

懐かしいダーツDVD

片山です。

今のマイブームが、昔のダーツDVD鑑賞。

最近はネットで動画が簡単に観れますが、探しても逆になかなか観れない動画もあるんです。

当時のレベルでのハイレベルと言われた試合は今や…と、若干の鷹をくくって観たのですが、やはり当時でも、いや当時から、本当にすごいダーツを打ってるんだなーと改めて思うシーンもたくさん。

初代burn覇者、DMCの竹山大輔選手。知らない人もいるかもしれませんが、僕がダーツを始めた頃は雲の上の存在だった人です。

ワンタンさんとの決勝のウイニングショット、174アウト。あれは衝撃的だったのを今でも覚えてます。

60-57-57の打ち筋。当時は何もわからず決めた凄さに目を奪われてましたが、上がるのが難しい数字だからこそ、どこで外してもBULLに戻れる打ち筋。時を経て観ても学べるものを残してくれている竹山大輔選手。さすがですよね。今はこういう部分に目を向けられるようになったんだなと、それなりに自分も歴と経験を積んでいることを実感します。

2000〜2010年ごろは各地で開催されたトーナメントを収録したDVDが多く発売されました。ハウストーナメントや一般トーナメントがそのままDVDになってたりしてました。

僕が結構好きだったのは、Bullshooter ASIAシリーズ。僕が当時、「ソフトダーツの日本代表があるんだ!」って知ったのはこのDVDでした。

当時はあまり知らなかった海外の選手が、今改めてこのDVDで観ると、「おー!こんなとこで出てた!」のような感動があって面白い。

日本代表がアメリカ代表を倒して優勝した時のメンバーが谷内太郎選手、桑野仁郎選手、小森英司選手、浅野ゆかり選手。対するアメリカ代表のメンバーに(当時は全く知らなかった気にかからなかったのだが)、レイカーバー選手、スコットカーシュナー選手、ジョニーカジンスキー選手がいたんですねー。当時は全然気づかなかった。笑

同じDVDで国別シングル戦「SUPER ONE」では、日本はジョニーこと安食賢一選手が参戦してまして、アメリカのジョニーカジンスキー選手との対戦で”ジョニー対決”とか言って観た記憶があります。安食選手は負けちゃってましたが、確かその後にも日本で(横浜だったかな)、再戦した記憶があったんだけど、結果は忘れちゃったなー。

他にも、イラガン選手や、年末イギリスで開催されたPDCワールドチャンピオンシップで知野真澄選手の対戦相手だったテンク シャー選手なども出てました。

昔のDVD観てると当時はあまり気にならなかったことが、選手にしても、アレンジにしても、懐かしさが色々と楽しめるものです。

さて、今日は何を観ようかな。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

正確なシャフト選びのために ~Harrows 「clic」のシャフトに新形状が登場!~

片山です。今回はパーツの紹介をしたいと思います。

ダーツのパーツの中でも飛び方に大きく影響するシャフトやフライト。様々な種類が国内外いろんなメーカーから発売されております。

それぞれ特徴があって選ぶ楽しさが広がっている反面、リングなど他のパーツとの組み合わせや、フライトとシャフト互換性など、どう選んでよいかわからないという方も多いのではないかと思います。

今回紹介したいのは、Harrowsより発売されている「clic」。
こちらはフライトをシャフトに差し込むタイプのもので、日本のメーカー「Fitフライト」と同じ、シャフトもフライトもお互いが専用のものを使うタイプです。

先日シャフトのタイプがスリムタイプに加えて、ノーマルタイプのものが新登場し、人気急上昇中の商品!

image image

このように、カラーバリエーションも増えましたー!

さてここから、もし使ってみようかなと思っている方へのアドバイスです。
シャフトの長さをメーカー比較する場合、「バレルの端〜フライトまでの距離」で統一したほうが、より正確に比較できます。

clicの場合、フライトの形状が写真ような形となっていて、根元に若干の長さがある分、シャフトの長さを考える時にこの分を加味してあげた方が正確な長さ比較ができます。

image

現在発売されているclicの長さは、

Short ①23.0mm、Midi②30.0mm、Medium ③37.0mmと表記されています。
しかし、実際は+3.0mmを加味してあげると、

①26.0mm、②33.0mm、③40.0mm

となります。

ちなみに、clicを他のメーカーのシャフトの長さで比較をすると、


Fit  3番  
Lシャフト 260   
コンドル M


Fit  5番  
Lシャフト 330   
コンドル  L


Fit  7番  
Lシャフト 440と370の中間   
コンドル  該当なし

となります。試しにclicを使ってみたいと思う方は、ぜひ参考にしてみてください!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
1 / 2312345...1020...最後 »

ホーム > 商品レビュー

Return to page top