Home > Dx3

Dx3 Archive

大会で感じるホーム感の大切さについて

佐藤です。
 
6月3日(日)アクトシティ浜松にてJET浜松大会が開催されました。
 
 
今回のダブルスのペアである仲島智選手が、会場に着いてから発した一言が自分にとって印象に残ったので、そのことについて書いてみたいと思います。
 
会場に着いて、最初に発した仲島選手の一言が「知り合いが全くいない。ものすごくアウェー感を感じる。」とのこと。
 
 
仲島選手は、普段はディースリーの一宮店でダーツを投げていてよく一緒に練習している選手です。今回の大会会場である浜松までは一宮から高速を使って2時間程度かかるのですが、これまで地元以外の大会に出る機会も少なかったのもあるでしょうし、なかなか現地の知り合いを増やすというのは普段できず、アウェー感を感じるのは無理もなかった気がします。
 
今このブログを読んでくれている方で、試合中、相手の応援の数の多さに畏縮してしまったという経験はないでしょうか。
自分にとってその一言から、アウェー感とは逆にホーム感がある時についてどうだったか、自分の経験をもとに振り返ってみました。
 
以前、ブログに書きましたが、3月にSauza Cooler Cup KARIYAにて私佐藤、須藤大地ペアが優勝したあの日をまず思い出しました。
あの日は自分にとって何年ぶりかの決勝戦ということで、正直試合前は、緊張で手足が震えて自分でもどうしたら良いか分からないまま試合に臨みました。
 
 
後ろを振り返れば大勢の人が見ているというプレッシャーを感じながら投げていたのですが、最後の最後まで僕たちのために残ってくれたディースリーのみんなや、知り合いの方が見守り、応援してくれたおかげで、緊張がほぐれ、気づけばいつもお店で投げている感覚で投げることができていました。
 
そういった面で、周りの応援が多いことや、知り合いが多いことなど、自分を取り巻く環境が普段お店で投げている状態に近いということは、試合をしているプレイヤーにとっては、一つアドバンテージがあると思います。
 
自分にも経験があるのですが、試合中後ろの応援が全員相手の方だと、気持ち的に苦しいと感じてしまいます。声を出す、出さないよりかは、見守ってもらえてるだけで何だか力をもらえるんですよね。
 
 
自分のそういった経験があるからこそ、大会中はディースリーからエントリーした方の試合だけは絶対に後ろで応援に行くと僕は決めているのですが、大会に参加する中で、今回の仲島選手のようにアウェー感を感じてしまう場面が出てくることもあるかと思います。
 
例えば、遠い土地での試合に出てみたいということで、いつも一緒に投げている人を大勢連れて行くことが難しい時には、どうしても単独でのエントリーになってしまうため、試合中は地元の雰囲気にのまれそうになりながらもやらなければならないと思います。
 
全部の大会とまでは言いませんが、せめて愛知で開催する大会くらいは、お店から大勢エントリーして、いつも投げている雰囲気に近いホーム感を出していきたいと感じた一日でした。
 
参加された方、お疲れ様でした。
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ダーツライブオープン名古屋

片山です。

先日、吹上ホールにて開催されたダーツライブオープン名古屋。

ディースリーからは一宮店の、アンドウ・ニシムラペアがディビジョン4にて準優勝!

おめでとうございます!!

今回のエントリーは、ダブルスで参加した人もトリオスに当選した方もおり、何年振りかに大会に出ようとエントリーしてくれた方もおりました。

個人的に、地元の大会にはなるべく参加できるといいなと思っている中、今回はゲストプロで招待していただき、トリオスだけでなくサイドシュートに参加したり、たくさんのお客さんと普段とは違った形で接することができ、楽しめたのが良かったと思います。

会場では、キムラユウマ・オウセ兄弟が注目を浴びてました。中学生と小学生の兄弟でトリオスにエントリーされ、尾関恭兵プロと組んでのトリオス参戦。2人ともとにかくダーツに熱心なのと、小さな体格から飛ばすダーツの弾道にみんな驚かされてましたね。

普段は一宮店でお父さんと一緒に来店され、ダーツに一生懸命取り組んでおります。

トリオスを組んだ尾関プロにもその熱心さは伝わったし、尾関プロ自身も家族ぐるみでの取り組みやダーツへの姿勢に学ぶものがあったと話しておりました。

また機会があれば木村ファミリーで是非大会に参加してほしいです。

大会風景アップしておきますねー!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

観て楽しむ人が増えている?!

片山です。

先週末、名古屋で開催されたJAPAN愛知とダーツライブオープンに参加してきました。久しぶりの2daysのトーナメント参加ということでいろいろ覚悟して臨んだ今大会でしたが、やはりカラダはバキバキ。年齢には逆らえませんねー。笑

JAPANはおよそ10ヶ月ぶりのエントリーでしたが、久しぶりにJAPANに出て感じたことを一つ。

毎年、地元の愛知開催は参戦してますが、例年よりも明らかに観客者数が増えているということ。

今大会は土曜日のJAPANのみの開催で一般大会と同時開催ではありませんでしたが、そんな中、知り合いのプロの方の応援に来たという方以外に、特定のファンの選手に会ってみたいという事であったり、純粋にプロの試合を観たいというダーツ愛好者の方が多かったように思いましたね。

プロトーナメントではweb中継があります。中継以外にも、動画もいつでも手軽にたくさん見ることができます。

そういうものを普段観ている人は、年に2回の地元開催の時は「生で観たい」って思うようになるのでしょうね。

観に来る人が増えたということはダーツをやる人が増えていると結論づけるのは早いかもしれませんが、なによりもガラーンとした中継はあんまり見映えが良くない!笑

自分がやっているダーツというものが、ダーツの世界だけでなく、一般社会的に価値を持ったものになるまではまだまだかもしれませんが、まずは地元から。

愛知開催の時は人がたくさんいるな!と全国の人から思われるようになるといいなと思います。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
1 / 6612345...102030...最後 »

ホーム > Dx3

Return to page top